福島県南会津の木造、新築、リフォームは一級建築士が設計する株式会社星工務店

メニュー

1級建築士事務所 studio_taka

1級建築士事務所 studio_taka

開設以前は、株式会社星工務店建築設計事務所として、自社物件の設計を主に手がけていましたが、
2級建築士では設計できない規模などの案件もあり、もどかしさを感じておりました。
そのような状況の中で、平成21年度の1級建築士試験に合格し、所定の実務経験及び各種講習を受講したのち、
平成24年4月に名称・区分を変更し、1級建築士事務所studio_takaとして開設致しました。

自分が建築士試験に挑戦する過程で、建築に関する深い知識を得る事ができ、
その中でも、耐震性と断熱性は住宅の性能を決める重要な要素であることを再認識致しました。

そこで、
株式会社星工務店が施工する新築住宅に限り使用する
【新在来パネル工法】の基本的な納まりと構造的な検討を行ない、
現在では標準的な採用に至っています。
従来の在来軸組工法と比較すると2倍以上の構造的な強さがあり、
地震への備えはこの工法なら、安心です。

また、断熱性能は実際に生活をする中で
ランニングコストに直結するのでとても重要なのです。
しかも、南会津地域では1年間のうち、5ヶ月以上は
積雪・凍結といった寒さの問題と直面します。

南会津でも暖かい住まいを設計する事は、他の地域において設計すれば
充分に暖かい住まいになると考えられます。

2020年からは法律により、全ての新築住宅を対象に省エネルギー基準への適合義務化が必須要件となり、
『外皮計算』・『1次エネルギー消費量の算定』の各種計算ができない工務店、設計事務所は必然的に
新築住宅の設計に携わる事ができなくなります。
今後、益々省エネルギー性能の基準は厳しくなり、
2030年にはネット・ゼロ・エネルギーハウス(ゼロエネルギー住宅、ZEH)が標準的な住まいの仕様になっていきます。

このような状況の中で今まで以上に、建築士、建築設計事務所の役割と責任は大きくなっていきます。
1級建築士事務所studio_takaでは、他の設計事務所で取り組みがされていない木造住宅の省エネルギー性能の向上と
高耐震化を重要な課題として考え、今後も最先端の取組みを通じて地域の皆様に貢献して参ります。

2020年省エネ基準への取り組みはこちら

1級建築士 星隆行のプロフィール

概要
1978年12月17日生まれ(37歳)
福島県南会津郡南郷村界出身(現南会津町)
既婚、息子3人の父親です。
出身校
  • 福島県立会津工業高等学校 建築科卒業
    高校時代はバドミントンをするために通学。バドミントン部では副キャプテン
  • 第一工業大学 工学部 建築学科(構造力学専攻) 卒業
  • 大学時代は、多くのアルバイトを経験。バーテンダー、家庭教師、鉄筋工など
職歴
  • 大学卒業後:会津若松市の中堅ゼネコンで現場監督を経験
  • 2004年:星工務店 入社
  • 2010年:専務取締役 就任
資格
  • 1級建築施工管理技士
  • 1級建築士
  • 監理技術者
趣味
  • ゴルフ
    初のコースデビューは172。現在はその半分程度のスコアでラウンドします。
  • バドミントン
    高校時代の財産で続けています。高校時代の恩師は現富岡高校監督の大堀均先生。
  • 山菜採り
    春限定でコシアブラを取るのが大好きです。天ぷらでビールをゴクリ!春が待ち遠しい。