結露は断熱が問題

今の時期の結露は、、、

結露は断熱が問題

前回のブログでは、
ノーリツのハイブリッド給湯器がリニューアルして、
値段はそのままで、性能がまた向上しますよ
とお伝えしました。

さて、今日は某建材メーカーの展示会に参加のため
車中でこのブログを書いています。

雨が降っていて、ジメジメする嫌な季節ですね。
この時期は、洗濯物を干しても乾きにくかったり、
洗濯物を干した部屋では結露が出たり。。。。。
本当に嫌ですよね。

では、今日のブログは
【結露】についてお話ししたいと思います。

結露といえば、
通常は寒い時期に発生するもの!
と思われる方も多いと思います。
実は、意外とそうでもないのです。

洗濯物を干せば、当然ながら【湿度】が高くなりますよね。
この湿気と家の断熱性、仕上げ材、換気の関係が、
結露の発生と大きな原因でもあるのです。

湿度を調整できるような、吸湿性のある仕上げ材は
珪藻土だったり、エコカラットなどがあります。
少しの面積でも効果を発揮する例もありますので
侮れない仕上げ材だと認識しています。
もともと、金額が高い製品ですので全面でなく
短い壁面の1つに採用するのもいいかもしれません。

次に、換気です。
現在、新築される住宅は以前に比べて気密性能が高くなっています。
在来工法で気密処理がされていない場合は除きます。
要は、室内で発生した湿気が外に逃げにくくなっているのです。
ですから、機械で半強制的に換気をする必要があるわけです。

長時間使う部屋【居室】では、24時間換気が義務付けられています。
部屋の容積(m3)を計算して、
容積(m3)× 0.5 が1時間当たりの必要換気寮になるのです。
これは法律により義務化されていますので、必須です。

しかしながら、サンルームなどの非居室には、
換気をつけなさい! という法律はありません。
湿気を外に出すことで結露の抑制にはつながりますので
必要な設備です

この換気ですが、
室内の快適な温度の空気が逃げてしまうんでは?
って思われる方もいらっっしゃることでしょう。
換気をするときに、熱を逃がさずに換気ができるのです。
中から出る空気の温度を、外から入ってくる空気に伝えて
換気する方法で【熱交換型】と言われています。

住宅の性能向上には欠かせない設備です。
星工務店では各部屋ごとに換気ができる、
第1種熱交換型換気設備を標準的に採用しています。

さて、次は断熱性についてです。
結露と断熱性と気密性は関係が無いように
思われるかもしれませんが実は非常に重要です。

断熱性が低いということは、外の気象条件の影響を
ダイレクトに受けるということになります。
実は断熱性が低いことは、
一番結露の中で厄介な【壁内結露】の要因にもなります。

壁内結露は、湿気により壁の内部、
構造体が腐ることにも繋がるため、
住宅の高断熱化がいかに重要かがわかると思います

室内の温度も一定にはなりにくく、
湿度についても同じことが言えます。
梅雨の時期に結露が発生するのは、
実は断熱性能の問題があることが多いようです。

私が、今住んでいる住宅は新築してから約20年です。
グラスウール断熱材10k100mmを使っているので、
断熱性能は決してお世辞でも良いとは言えません。
今の時期でも、洗濯物を干せば結露します

原因は、上に書いたようなことなのですが、
それに加えてアルミ製の出窓があります。
これが良くありません。
いや、相当に悪いです

現在は省エネルギー性を考えれば、樹脂サッシが普通ですが
樹脂サッシに出窓のラインナップはありません。
それはなぜか?

断熱性能が悪いためにメーカーでも廃盤にしたい!

という商品なのです。

1ヶ所、アクセントに出窓をつけたい! などということは
断熱性能を落とし、結露の要因を作ることになりますので
おやめください。
出窓はアルミフレームの商品で樹脂に比べて1,000倍熱を通すのです。
もしも、出窓のご相談を受けたら、別の解決方法もありますので
お気軽にご相談ください。

結露をなくすには!
⑴ 吸湿性の高い材料を仕上げに使う!
⑵ 換気設備をつける
⑶ 断熱性能を良くする
この3つです。
今の時期に結露すれば、ほとんど冬は結露します。
寒い時期までに対策したいですよね。。。

次回のブログでは、
【超高性能な断熱材】について
内容を掘り下げて、詳しくお話ししたいと思います。

住まいのこと全般に関するお問い合わせはこちらからお願いします

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします。

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。