構造見学会を開催いたします

会津地方で新築をご検討の皆様へ 構造見学会開催のご案内です

1月14・15日に田島行司地区で開催しました完成見学会は
多くの皆様のご参加により、和やかな雰囲気で開催する事ができました。
本当にありがとうございます。ご参加いただきましたお客様の中には、
春以降のマイホーム新築に向けて、打ち合わせを開始された方も
いらっしゃいます。本当に感謝です。
今回は南会津町山口地区におきまして、施主様のご厚意により、
【構造見学会】を開催させていただきます。住まいの性能を考える上で
とても重要なのが、耐震性能、断熱性能、気密性能です。
特に南会津のように年間の寒暖差が大きい場合は、他の地区よりも、
各種性能をレベルアップしなければいけません。今の時期は、毎日の
除雪に加えて、寒いお風呂や部屋のすきま風、石油ファンヒーターの
面倒な給油など、日常生活に対しての悩みの多い季節で、
この悩みをなんとかしたいとお考えの方も多い事と思います。

さて、星工務店が施工する新築住宅では【新在来パネル工法】を標準的に
採用し、高耐震で省エネルギー性能の高い住まいをご提案しています。
皆様から高評価をいただけるおかげで、来年度も新築工事のご予約を
いただいております。
この新在来パネル工法は、住宅の高耐震化・高断熱化・高気密化には
欠かせない工法です。さらに、この地域ではあまり知られていない、
充填断熱と外貼り断熱を組み合わせた【ダブル断熱工法】を標準化し、
住まいの高断熱化にこだわって設計をする事で、魔法瓶のように
温めた空気を外側に逃がさない造りになっているのです。
ですから床暖房だけで生活する事ができるのです。
この仕組みをご覧いただけるのが構造見学会なのです

2020年には、全ての新築住宅を対象に省エネルギー基準への適合が
法律により義務化され、一定基準以下の低性能な住まいは新築する事が
できなくなります。ですから、今の段階からしっかりとした住まいづくりを
していく事が必要で、弊社の得意とする高断熱化の取組みは、今後、国の方針に
より普及が大幅に拡大するZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)や
性能向上計画認定、低炭素建築物認定などには欠かせない工法です。
いずれどこの住宅会社さんでもダブル断熱工法が必要になるのですが、
星工務店ではどこの会社さんよりも早く、このダブル断熱工法を
取り入れています。
見学会当日は、建築中のあらゆる場所を隠す事なくお見せいたします。

雪の中でも品質は大丈夫なの?
本当にパネル工法は強いの?
どうしてこんなに早いの?
そのような疑問に直接、私がご説明をさせていただきます。
まだ、建築中のため暖房器具はありませんので暖かい服装でお越しください。
皆様のご来場をお待ちしております。

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。