見付面積を計算し、見付面積による必要軸組長さ、床面積による必要軸組長さを計算する

大きな倉庫新築中

南会津町界地内で施工中の某会社様の倉庫新築工事現場は
順調に進んでおり建て方を開始しました。
物置(倉庫)は、皆さんが考えているよりも、
申請手続きは複雑ですので、
今後、物置や倉庫の新築などをお考えの方のために、
その理由をご説明したいと思います。

【100m2超の倉庫は1号物件】

建築行為を行う際には、構造や規模、用途や建設地により
様々な法的な制約を受けます。この法的な制約に
適合しているかについて、第3者による審査を受ける事が必要で、
建築確認申請といわれる手続きが必要な場合があります。
建築確認申請については、
建築基準法6条1項1号~4号に内容が決められています。
1号ー特殊建築物で100m2超  ⇦ 今回の倉庫
2号ー木造3階以上又は延べ面積500m2超、高さ13m超、軒高9m超
3号ー木造以外で2階以上又は200m2超
4号ー1号〜3号以外で都市・準都市計画区域内、知事指定区域

現在施工中の倉庫は特殊建築物に分類され、
床面積が約370m2のため1号に該当する訳です。
一般の住宅で確認申請が必要になってくるのは、
4号に該当する場合が多く、
例えば南会津町田島などでは、都市計画区域内
南会津郡下郷町では知事指定区域により
確認申請が必要となるのです。
また、1号~4号では各々に添付する図面や書類が異なります。

倉庫で100m2を越えれば、法律により
確認申請の手続きが必要になり、
添付する設計図書も多くなります。
(例)現場案内図、配置図、敷地面積求積図、敷地断面図、
各階平面図、立面図(2面以上)、建築面積求積図、
床面積求積図、断面図、基礎伏図、軸組図(2面以上)
矩計図(有効細長比の検討)構造伏図(各階)、
壁量計算書(全体、4分割法)、
N値計算書(計算結果を各階の構造伏図に記載)、
電気配線図
100m2超の倉庫の設計の場合には、
上記のような設計図書が必要になりますので、
知識のある【建築士】にご相談される事をお勧めします。
確認申請提出後の審査期間も35日間ですので、
早めの段階でのご相談が望ましいと思います。

倉庫の設計の場合には、
出入口に鋼製シャッターなどを設ける場合が多く、
シャッターを設けた部分の壁量が不足しやすい為、
十分な検討が必要になります。
また、階高が高い場合は耐力壁の種類に注意が必要で、
筋かいでは耐力壁とみなせないケースがあります。

次回のブログでは
【耐力壁の種類】についてご説明いたします。

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。