ネオマフォームの外貼り断熱工法

建築物エネルギー消費性能向上計画認定

建築物エネルギー消費性能向上計画認定

現在、南会津町田島字行司地内で、
新築工事を進めているお住まいは、
福島県内では初となる
建築物エネルギー消費性能向上計画認定』の
交付を受けています。

2020年に全ての新築住宅を対象に
省エネルギー基準の適合が法律により義務化されます

その基準に対して10%以上の消費エネルギーの削減
建築物エネルギー消費性能向上計画認定の基準です
実際には49%の削減をしていますので、
2020年の基準の約半分のエネルギー消費で生活ができる!
ということです。
因みに、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の場合は
エネルギー消費がゼロになるということです。

今年はこれからZEHの新築の控えています。
これからは住まいの耐震性に加えて、
断熱性、省エネ性が今後は大きく注目されることと思います。

12月5日から建て方を開始して、既に屋根は完了!
樹脂サッシの取付も終わり、
外貼り断熱材の施工と通気胴縁の施工を進めています。

やはり従来の筋かい工法とは施工スピードが違います
筋かい工法で施工していれば、まだサッシの取付にも
着手できていないことでしょう!
パネルの建込みと固定が終われば、
従来のサッシの下地、
筋かいの取付(金具も含めて)、
壁の充填断熱材の施工が一つの工程で終わるんです!

img_5497

だから、建て方から竣工までのスピードが
同業他社よりも早いのです。
実際に我が家の建て方が始まれば、早く住みたくなるのが
本当の気持ちですからね。

さて、明日は南会津町田島地区で地鎮祭です。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の新築です。
タイミングが悪く補助金の申請はできませんが、
ランニングコストが大幅に抑えられるので
ZEHはとても魅力があると思います。

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。