フラット35金利優遇Aプラン

来春までに新居をお考えの方へ

フラット35金利優遇Aプラン

星工務店では南会津町を中心に、断熱性能に優れ省エネルギー性能に
特化した性能の高い新築住宅を手掛けています。現在は、
南会津町で2現場、只見町で1現場を同時に施工しています。
さらに4月以降も新築のご予約を数件いただいている状況です。
本当に感謝です。


冬でも施工できる!

南会津町のような豪雪地でも冬期の施工は可能です。
星工務店も以前は、冬は関東地方などへの出稼ぎをしていました。
これは経営的にも、体力的にも、精神的にもいい事がなく、
弊社の腕利きの職人に失業をしてもらうのは心苦しい事です。そこで
新しい取り組みとして、平成21年から新在来パネル工法の採用を
試験的に行い平成22年から全ての新築住宅で標準採用しています。
この新在来パネル工法は、建て方をしながら、壁部分のパネルの
建て込みを行えるため、余程の悪天候で無い限り施工が可能になり
全体的な工期の短縮になります。建物の中に雪の吹き込みを防ぐ事が
できるため、冬でも施工が可能となり、年間を通して新築住宅の施工を
する事ができます。以前の出稼ぎや失業の心配もなく、
安定的な受注をする事にもつながります。
この一連の取り組みは、経営革新計画により、
福島県知事の承認もいただいています
冬でも施工品質を均一に確保できることも、
新在来パネル工法の大きなメリットです。


省エネルギー性能は低金利の指標

マイホームの新築には欠かすことができない住宅ローンですが、
各種金融機関によって、金利や保証料などは様々です。
これがお客様が住宅ローンで悩む要因なのですが、星工務店が
設計・施工する住宅のように省エネルギー性能、断熱性能が高ければ
住宅ローンで金利優遇の恩恵を受ける事ができるのです。第3者の
審査により断熱性能、省エネルギー性についての適合証明書が発行され
これを活用する事で、フラット35の金利優遇Aプランでは
当初10年間、通常の金利よりも、△0.3%金利が下がります
仮に3000万円の借入ですと、35年間の総返済額で約90万円の
差がありますので、お客様にとって非常にメリットがあるわけです


2020年基準 = 甘い基準

2020年以降、省エネルギー基準への適合が法律により義務化が
されることは、今までのブログでお伝えしている通りで、法律により
ある一定基準以下の性能では新築する事ができなくなることは
ご承知の事と思います。
しかしながら、
2020年の基準に適合しているかを確認するための計算である
【外皮計算】・【1次エネルギー消費量の算定】への対応が
遅れている工務店が、まだまだ多いのが現状で、
建築業界では2020年問題などといわれています。
2020年以降、古い考えや昔ながらの工法、断熱施工では
2020年の基準にすら対応する事もできなくなり
淘汰されていく事が考えられます。
UA値0.24 星工務店のZEHの標準仕様


2020年基準 マイナス10%

その2020年の基準に対して、1次エネルギー消費量換算で
マイナス10%という基準が【誘導基準】と言われています。
この誘導基準をクリアすることで、
建築物エネルギー消費性能向上計画認定
低炭素建築物新築等計画認定などの制度を活用でき、税制優遇や
容積率の特例、さらには補助金の申請においても活用することができ
フラット35の金利優遇Aプランも利用できるのです。
ですから、
住宅の高断熱化はお客様にとって絶対にメリットがあるのです。
星工務店が設計・施工する新築住宅の性能は、誘導基準を余裕で
クリアしていますので、各種申請をすることは可能です。


2020年基準 マイナス100%

2020年の基準に対して、1次エネルギー消費量換算で
マイナス100%の基準は、2030年基準とも言われ、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)【読み:ゼッチ】の定義です。
要は2020年の基準では、
100のエネルギー消費が許されているのですが、
2030年以降は、住宅の消費エネルギーと
住宅で創るエネルギー(創エネ)の差し引きで、
創エネが上回るようにしなさい!という事です。
ですから、2020年の基準は、守って当然のレベルです
星工務店のZEHビルダーマークです。


設計事務所の役割が重要!

2020年4月以降、
【外皮計算】・【1次エネルギー消費量の算定】ができなければ
工務店の屋号があっても、
「新築に携われない工務店」という悲しい現実が待っています。
1級建築士事務所studio_takaでは、全ての新築住宅で
構造計算をしています。そのうえで、省エネルギー性能の
高い住まいを設計していくことは、とても大切です。
【外皮計算】・【1次エネルギー消費量の算定】は全ての
新築住宅で計算していますので、各種認定制度を活用する事が
できるのです。自社の物件以外にも、他の建築会社の依頼で
【外皮計算】・【1次エネルギー消費量の算定】の計算
支援業務として行っています。
また、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)【読み:ゼッチ】への
取り組みが同業他社よりも早く実績もあるため
各種セミナーでの講師をお引き受けしている状況で、
次回は平成29年4月中旬に郡山市でセミナーの講師をする予定です。
建築物省エネルギー性能表示制度

次回のブログでは、
マイホーム新築で必ず確認すべき3つの事について
詳しくお話ししたいと思います。

お問い合わせはこちらからお願いします

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします。

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。