只見町黒谷地内で新築住宅の完成見学会を開催いたします。

省エネ住宅の完成見学会を開催します

只見町黒谷地内で新築住宅の完成見学会を開催いたします。

星工務店では、南会津郡只見町黒谷地内におきまして
新築住宅の完成見学会を施主様のご厚意により
8月6,7日の2日間、開催する運びとなりました。

現在は大規模な建物に限って省エネルギー基準への適合義務が
規制されていますが
今後、国の方針により省エネルギー基準への
適合義務が段階的に進められ、
2020年4月以降は全ての新築住宅が対象になります。

住宅を燃費で選ぶ時代がすぐそこまで来ています!

【住宅を燃費で選ぶ時代】と言われても?????
と、思われることでしょう。
2020年4月からは、UA値【読み:ユーエーち】
(建物の断熱性の指標で数字が小さいほど断熱性能が良い)
1次エネルギー消費量の算定が必須となり、
基準を満たさないUA値や1次エネルギー消費量が大きい場合、
法的に新築ができなくなるのです。
これが、2020年の省エネ基準、適合義務化の大きな特徴であり
しっかりとした罰則規定も用意されています

2020年からの省エネ対策では手遅れになる!

2020年よりも早い段階で新築すれば、
基準を満たさなくてもいいのでは?
と、思われる方もいらっしゃることでしょう。

既存の住宅で省エネルギー基準を満たしていない場合は、
【既存不適格】となるため、2020年以降は住宅の
資産価値が大幅に減少された査定額になることも考えられます。

もしも、新築して間もない住まいが、
省エネルギー基準を満たしていなかったらお客様の落胆は
計り知れません。
ですから、省エネルギー基準への適合は当然で、
さらにレベルの高い
【低炭素認定住宅】
【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)(読み:ゼッチ)】
などの高性能な住まいづくりを、
今からしっかりとしていく必要がある訳です。

国の方針で、
ZEH2020年には50%以上とする目標を掲げており、
2030年には、ZEHを標準化とする事を公表しています。
今後は【新築住宅=ZEH】ということが、
これから先は一般的になっていきます。

弊社で新築されたお客様の9割以上の方が
見学会に参加されています。

実際に星工務店で新築された9割以上のお客様が各種見学会に
参加されています。実際に【新在来パネル工法】
住まいの建て方をご覧いただくことで、どのようにして
断熱性、耐震性、気密性、快適性をより良くしているのかを
ご確認いただいている証拠だと思います。

今後も各種見学会の開催を通して、地域の皆様に
最新の情報をご案内してまいります。

見学会会場で、ご質問があれば私が直接お答えいたします。
皆様のお越しを心からお待ちしております。

完成見学会を開催いたします。

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。