UA値0.24 超高断熱ZEHの完成見学会を開催いたします

究極の省エネ住宅とは?(1)

UA値0.24 超高断熱ZEHの完成見学会を開催いたします

『省エネ』という言葉を耳にしない日はありませんよね?
最近はとても身近になった、『省エネ』ですが、
今回は、その『省エネ』の『住宅』について、
お話ししたいと思います。

そもそも、『省エネ住宅』とは、なんでしょうか?
それは、『住んでから光熱費が抑えられる家』ですよね。

今日のタイトルである『究極の省エネ住宅』とは、なんでしょうか?
住んでからほとんど光熱費のかからない家』のことです。
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス = ZEH【読み:ゼッチ】と
呼ばれています。このZEHが、今後、よく耳にする言葉であり、
とても大切なキーワードです。

さて、ZEH【読み:ゼッチ】とは?
簡単にご説明すると、
使うエネルギー ≦ 創るエネルギー がZEHなのです。
創るエネルギーは、今のところ太陽光発電が一般的で、
ZEHには、必ずつけなければなりません。

使うエネルギーを少なくするためには、いくつかルールがあります。
1、断熱性を良くすること。(何よりも大事です。)
2、気密性を良くすること。(隙間風をなくす。)
3、性能の良い給湯器、暖房の方法を選ぶこと。
【使うエネルギー ≦ 創るエネルギー】 が、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)の条件です。

地球の環境問題(特に温室効果ガス)の関係から、今後の
家づくりは、法律により究極の省エネ住宅(ZEH)』が、
義務付けられます

東京オリンピックが開催される2020年以降
新築される住宅は、ZEHの約半分程度の省エネ性能
求められることになります。
その10年後の、2030年までには、全ての新築住宅を対象に
ZEHとすることが国の方針で決まっています

要は13~14年後には、新築住宅は『究極の省エネ住宅(ZEH)』
生まれ変わる必要があるのです。

新築されるお客様からすれば、そんな悠長なことを言わずに、
今すぐにでもZEHへの対応をして欲しいと
思われることでしょう!

そこで、星工務店では、1級建築士事務所studio_takaと協力し、
現時点で既に、2020、30年への対策が済んでおり、
今すぐにでも、ZEHによる新築が可能です

今後、消費税率の変更や、法規制による値上げなどがあると
思われます。
しかしながら、星工務店では、ZEHの開発を自社で独自に
行いましたので、コストを抑えることができました。
ですから、お客様のご負担を最小限にZEHのご提案が可能に
なりました。

次回は、ZEHの性能を表す数値でとても重要な言葉である
『UA値』【読み:ユーエーち】についてお話ししたいと思います。

ZEHに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします。

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。