瑕疵保険と資力確保。。。

ansin

制定の背景
新築住宅の売主等は、住宅の品質確保の促進等に関する法律
(平成11年法律第81号)に基づき、住宅の主要構造部分や
雨水の浸入防止部分の瑕疵について、
10年間の瑕疵担保責任を負うこととされていますが、
平成17年に発覚した構造計算書偽装問題を契機に、
売主が瑕疵担保責任を十分に果たすことができない場合、
住宅購入者や発注者が極めて不安定な状態におかれることが
明らかになりました。
このため、住宅購入者等の利益の保護を図るため、
平成19年に「特定住宅瑕疵担保責任の履行の確保等に関する法律
(平成19年法律第66号)(「住宅瑕疵担保履行法」)」が制定され、
新築住宅の売主である宅地建物取引業者に資力確保を義務付け、
瑕疵担保責任履行のための措置の充実・強化が図られました。
(平成21年10月1日施行)

法律の内容
新築住宅の買主や発注者を保護するため、売主の宅地建物取引業者や
請負人の建設業者は、平成21年10月1日以降に買主や発注者に引き渡す
新築住宅については、引き渡し後10年間の瑕疵担保責任を果たすため、
新築住宅の欠陥部分の補修に要する費用を確保(保証金の供託又は保険加入)
しなければならなくなりました。
これにより、売主又は請負人は、買主又は発注者に対しての
瑕疵担保責任を確実に履行することができ、また、万が一、
倒産などにより欠陥部分の補修等ができなくなった場合でも、
保証金の還付又は保険金からの支払いにより補修等に必要な費用が
買主に支払われることが可能になります。
住宅瑕疵担保履行法に基づき資力確保措置が義務付けられるのは、
所有者となる買主又は発注者に新築住宅を引き渡す
「宅地建物取引業者」又は「建設業者」です。
この法律の適用を受けるのは、新築住宅(建設工事完了日から1年以内のもので、
人の居住の用に供したことのない住宅)で、その引き渡し後、
10年間の「構造耐力上主要な部分」と「雨水の浸入を防止する部分」に係る
欠陥部分が対象となります。

資力確保の方法
A、補償金の供託
保証金の供託は、買主に引き渡された新築住宅の欠陥部分の補修に
要する費用の支払いが着実に履行されるように、
過去に引き渡された新築住宅の戸数に応じた金額の現金や有価証券等を
国の機関である供託所(法務局)に預け置くものです。
これは、買主に引き渡された新築住宅に欠陥部分が発見された場合、原則は、
売主の宅地建物取引業者が自らの費用で欠陥部分の補修を行うことになりますが、
宅地建物取引業者が倒産等により、瑕疵担保責任を果たせなくなった場合に、
買主は供託金からの還付を受けることが可能となる制度です。

B、保険加入
平成21年10月1日以降、新築住宅を買主に引き渡す宅地建物取引業者には、
保証金の供託義務が課せられますが、保険により資力を確保する場合は、
保証金の供託義務が免除されます。この場合、売主の宅地建物取引業者は、
国土交通大臣から指定を受けた住宅瑕疵担保責任保険法人との間で、
瑕疵が判明した場合に保険金を支払うことを約した保険契約を
締結することになります。
これにより、仮に宅地建物取引業者が倒産したとしても
瑕疵の補修に要する費用が買主に支払われることになります。

ということで、
我が社では住宅あんしん保証に加入しています。
もちろん瑕疵はありませんが、、、

 

 

省エネ性を高める

dann

省エネルギー性を高める為にはどうすべきか?
簡単です。
建物の躯体性能(断熱性能)を上げる。
開口部の熱損失を抑える。(高性能サッシを使う)
ガラスの仕様を使い分ける(取得型と遮熱型)
などなど。
やっぱり断熱材は重要です。
しっかりと断熱材を充填したいので、
私の設計する住宅は外部面には筋違いがありません。
新在来パネル工法により、外部面は構造用の面材です。
だから筋かいによる断熱材の欠損もありませんし、
断熱材施工の効率もすごくいいです。
断熱材のミミの部分は重要です。施工の方法は現場の職人が
しっかりと理解していますが、念のために再度確認しました。

6/10から、新しい工事を只見町で着工します。
基礎工事から建て方まで張れるといいですね。

匠の技

__ (1)

匠の技ですね。
今では貴重な和室(真壁納まり)の敷居を
取付ける作業が始まりました。
ピッタリとついています。
水も漏りませんってくらいについています。
まずは2階から。
このあとは1階の和室2室。
4ヶ所の造作出窓があります。
後世に残る貴重な仕事です。
洋室は天井下地が始まりました。
やっぱり、建て方の日から考えると早い。
とても順調な進捗状況です。

会津のラーメン

daishouya

 

 

 

 

 

たまには、大好きなラーメンのお話を。。。
私は、ラーメン大好き。ラーメンマンです。
最近ハマっているのは、
会津若松市の大笑家さんです。
ここのワンタン麺の大盛が定番です。
麺はかためで。。。
会津に出張の時はほとんどです。

最近、建て方、打合せなどで行けてません、、、
来週は行きたいなぁ。。。

現場シート

si-to

現場にイメージアップシートを掲示しました。
株式会社 星工務店の紺色。
住宅あんしん保証の黄色。
リンナイ ハイブリッド給湯・暖房システムの赤。
信号のような配色ですが、、、目立ちます。

これでどこの工務店が仕事しているかが一目瞭然。

国道沿いなので、皆さん見ながら通られます。
くれぐれも安全運転で運転してください。

無知は犯罪

img_rule01

今日も早起きで図面を作成中です。
我が社では樹脂サッシを標準仕様にしています。
(YKKAP APW330)
もちろん、トリプルへの変更も考えています。
ごく稀に、出窓を希望される方がおられます。
もちろんご要望なので、お応えしたいのですが、
既製品の出窓は、断熱性も気密性も劣ります。
しかもAPW330には出窓の設定がありません。
よって出窓の場合は、以前の規格である、
アルミ樹脂複合サッシ(エピソード)しかありません。
樹脂サッシを標準化しても、出窓が1ヶ所あることで、
家全体の気密性も下がってしまうのです。
もちろん、出窓は断熱性にも劣るので、
局所的に結露が発生する恐れがあります。
毎年、サッシもどんどん進化しています。
いずれは樹脂サッシのトリプルガラスが標準化です。
2020年には断熱性能の義務化。
2030年には、ゼロエネ住宅の義務化。
(国土交通省のロードマップより)
厳しい基準になり快適な住宅が標準化されていきます。

あるアンケートでは、2020年の断熱性能の義務化を
知らない工務店、大工は約40%もいます。
悲しい現実です。
知らないでは済まされません。プロなのですから!
このような方々は、
今現在はどのような設計・施工なのか、非常に不安です。
建築に携わるプロならば知っていて当たり前です。

工務店という商号で仕事をするのであれば、その工務店に、
建築士・施工管理技士が在籍していないというのは
いかがなものかと思います。
特に新築工事をされるのであれば尚更です。

我が社は、
1級建築士・・・1名
1級建築施工管理技士・・・2名
2級建築士・・・5名
2級建築施工管理技士・・・7名
在籍しています。

設計事務所登録も、1級建築士事務所 studio_taka で
福島県知事の許可を取得しています。

来週は、只見町で建て方です。
また現場に活気が溢れます。
あの活気のある現場はやっぱりいいですね!

 

早起きは最高

asa

毎朝、早起きしています。
今の時期は、朝の空気が心地良いです。
朝は頭の回転も良く、捗ります。
現在プランニング中の図面を書いています。
図面が完了すれば積算です。
CADによる積算もありますが、
やはり確認のために計算しています。
かっこいいデザインになりそうです。
楽しみです。

事務所前ののぼり旗も気持ちが良さそうです。

 

外部足場

asib

外部足場の組立が完了しました。
これで安全に作業ができます。
建て方に支障になるため、日をずらしての
施工となりました。
今日はここに、現場のデザインシートを
掲示しようと思います。
株式会社 星工務店の営業職はいませんが、
現場の養生シートとのぼり旗は目立ち、
ある種の優秀な営業マンです。
どこの会社が施工しているかが、一目瞭然。
南会津の地にいっぱいののぼり旗を
立てたいですね。
もちろん完成見学会も実施します。
8月上旬を予定しています。
今では貴重な和室が3室あります。
匠の技を見ていただきたいですね。
お楽しみに!

茅葺き屋根

maezawa

伝統的建造物保存地区 前沢集落で茅葺き屋根の
修繕工事を行なっております。
この事につきまして、5月23日の福島建設工業新聞で
紹介されました。
我が社の茅葺き担当の星誠が取材を受けました。
茅葺きの修繕工事も材料と職人の確保が課題です。
今後も継続的に修繕ができるように、
人材育成に励みたいと思います。

 

南会津の新築

fenoba

 

 

 

 

 

南会津町南郷で新築工事中の現場確認に行きました。
5月21日から建て方を始め、今日26日で実働は5日目。
高性能樹脂サッシ YKK APW330の納品も順調で、
1階から取付が始まりました。

我が社では、『新在来パネル工法』という、
我が社独自の工法を採用していますので、
建て方が終わってから、サッシの取付までの期間を
大幅に短縮することが可能です。
新在来パネル工法は、建物の耐震性の向上が本来の目的なのですが、
外部面に筋違いを使用しないので、断熱材の欠損も無く、
高性能の断熱材を充填する事が可能です。
外部を合板で塞ぐことができるので、気密性も向上します。
工場生産品ですので、現場でゴミが出ないのも嬉しいです。
とても、いい事づくめな新在来パネル工法ですが、
問題はパネル図面のチェックです。
クリアランスの問題と発注時期の問題、あとは木造躯体の加工方法。
様々な問題はありますが、我が社は導入して4年。
多くの実績・経験がありますので現場の職人もしっかり理解しています。