外部足場解体

soto

現在、只見町小林で施工中の現場の
外部足場を解体しました。
やっぱり足場が外れると、雰囲気が違います。
どうして窓が小さいのか?といった事を
聞かれる機会も多いのですが、
理由としては、デザインもありますが、
断熱性能の確保の意味もあります。
どうしても窓は壁に比べて断熱性が劣る部分です。
最新の樹脂サッシ(APW330)に、複層LOW-Eガラス、
アルゴンガスの充填を標準仕様にしています。
今後、低炭素認定住宅やZEHを進めていく中では、
外皮性能を計算する訳ですが、どうしても窓の大きさにより、
建物の熱損失の大きさが異なります。
外皮性能の計算をすれば、窓が断熱性能を考えるうえで
とても重要なのがわかります。
今後は、ペアガラスに変わり、トリプルガラスが主流に
なっていくと思います。
トリプルガラスは、まだ金額的には高い商品ですが、
徐々に出荷数が増えれば価格も下がる事と思います。
南会津地域は地域的に外的条件が厳しいので、他の地域よりも、
断熱性についてウェイトをおいて考える事が必要です。
南会津町・只見町でも結露のしない住まいを
自信を持って提案したいと思います。

今日は、南会津町内で配筋検査。
その後耐圧盤コンクリートの打設を予定しています。
今日も天気が良くて気持ちのいい朝です。

基礎配筋

ogurakiso

住まいの耐震性・耐久性を向上することは
住まいの高寿命化の為の大切な要件だと考えます。
我が社では、住宅の基礎工事については、
基本的にべた基礎工法を採用しています。
べた基礎でも鉄筋の径、間隔が重要です。
基礎のスパンにもよりますが、
スラブはD13@200ミリ(シングル配筋)を
標準にしています。
たとえ、べた基礎といっても、
スラブ配筋が300ミリでは意味がありません。
住宅の新築工事で布基礎を見かけたら要注意です。

住宅瑕疵担保履行法に係わる検査では、
べた基礎が標準化されていますので、
当たり前のことだと思います。
以前は住宅瑕疵担保履行法に伴う、保険加入の為の
現場検査員をしていましたが、、、
いろんな現場があるなぁと実感しました。
あくまでも現場検査員の仕事は提出図面と
現場の照合なので余計なことは言えません。。。

建築に係わる法律も多くありますが、
その中でも重要なのは、『建築基準法』。
この法律は条文中に...最低の基準を定める と
書かれています。
守って当たり前の法律です。
安全率を高めにしていい住まいの設計をしたいものです。

高断熱化!

__

住まいづくりにおいて、断熱性を向上することは
快適に健康に暮らす為の大切な要件だと思います。
我が社では住宅エコポイント制度の年からではありますが、

次世代省エネルギー基準に合致する断熱材を使用して、
快適な住空間を提案してきましたが、
今後のZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)に
向けて新しい事に取り組んでまいります。
旭ファイバーグラス株式会社では、
厚み105ミリで熱抵抗値R=3.3という商品を
発表しまして、非常に興味をもっています。
今後も暖かい住まいが提案できますね。
もちろんZEHには、充填断熱に加えて外断熱も
必要になりますけどね。
初期費用はかかりますが、その分快適な住まいに
なっていきますね。
この断熱材を使用すれば、樹脂サッシ+トリプルガラス、
アルゴンガスにかわりクリプトンガスになるのでしょうね。
どんどん変わっていきますので、
時代に乗り遅れないように日々勉強したいと思います。

外観イメージ

yn

昨日の夕方は現在工事中の施主様と
内部の建具およびクロス、CFの打合せを
させていただきました。
発注前の最終確認です。
手配後の変更はできませんので、ミス防止のために
最終確認をしていただくように、心掛けています。

外観もイメージ通りで良い雰囲気です。
外観のダークブラウンと樹脂サッシのホワイトの
コントラストが良い感じです。
やっぱりシンプルな外観がいいですね。

お打合せ。。。

1212

午前中はリフォーム工事の現場調査。
午後は物置の新築工事の打合せ。
どちらも南会津町内です。
午後の打合せは、とても構造に詳しい方で
楽しいというか、構造の専門家はやはりすごいなぁと。。。
土木工学が専門らしいのですが、
地元の工務店さんでも構造の話ができるのは
いいですねぇ。と、嬉しいお言葉を頂いてきました。
昨年、近所で新築工事をさせていただきましたが、
その時から、弊社の新在来パネル工法が
初めて見る工法で興味があったそうです。
やはり見られているんですね。
嬉しい限りです。
なんとか早めに着工したいと思います。
コンクリートは養生期間がありますので。

講師

ハイブリッド2

今日は午前中は南会津町の入札。
入札参加ののち、郡山市で開催される
LPガスセミナーで講師を務めます。
快適なハイブリッド給湯・暖房システムについて、
多くの方に知っていただきたいと、心から思っています。

約100人の来場があるそうで、
予定の時間は1時間。
ハイブリッド給湯・暖房システムについて
お話させていただきます。とても光栄なことです。

以前、会津のLPガス保安組合青年部さんで
講師を務めたことがきっかけで、今回の運びとなりました。

その後は、給湯器メーカーとの懇親会です。

有意義な1日にしたいと思います。

 

1級建築士 定期講習

1kyuu
昨日は、郡山市の日建学院郡山校で
1級建築士定期講習を受講してきました。
この定期講習は3年に1回の受講義務化について
建築士法で決められています。
また建築士事務所については管理建築士と開設者についても
講習の義務化が決められています。
9:00から17:20までの講習は長いですね。
もう少し簡略化できないものかとも思いますが、
建築士法では建築士の資質についても記載があります。

建築士法第2条の2【職責】
建築士は常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、
建築物の質の向上に寄与するように、公正かつ誠実に
その業務を行わなければならない。

平成17年に発覚した構造計算書偽装問題により、
構造1級建築建築士・設備1級建築士の資格もでき、
より専門的な知識が求められる大規模建築物は、
構造1級建築建築士・設備1級建築士の関与が必要になりました。

設計事務所に備え置く書類についても規定があります。
今日は早速、帳簿関係の備え置きについて確認しています。

外部足場 ご遷宮

jinja

南会津町に大雨警報が発令されております。
そんな中ですが、会社の隣の神社(鹿島神社)の
ご遷宮に伴う工事の外部足場を施工中です。
屋根の一部修繕工事および全面塗装を予定しています。
天気が心配です。

大雨警報

__

南会津町に大雨警報が発令されております。
お隣の只見町もすごい降雨のようです。
どうしても大雨になると3年前の豪雨災害を
思い出してしまいます。

今回はそのようなことが無い事を願うばかりです。
心配なのは台風号の接近まであと3日あることです。。。

新規就農者就農促進住宅建設 建築主体工事

__

南会津町下山地内におきまして、南会津町発注の
新規就農者就農促進住宅建設 建築主体工事に着手しました。
7月7日に既存ブロック塀の解体、丁張りを施工し、
7月8日に丁張り検査。
その後、床掘りを開始しました。
順調だったのですが、今日未明からの大雨には困っています。
この雨の影響により、南会津町湯ノ花地内の屋根修繕工事の
現場も作業中止です。
高所での作業ですので安全に留意したいと思います。

明後日は、新築工事現場の地盤調査です。
良い結果が出る事を願います。