鉄筋工事とコンクリート

__

南会津町内、南郷地区で基礎工事を進めています。
今の時期は気温が低くなってきますので、
コンクリート打設時の強度の選定や十分な
養生期間を取る事が基礎の品質を確保するうえで
とても重要です。
先週、基礎コンクリート(フーチング)の打設を
行ない昨日までを養生期間にしました。
今日から立上り型枠の施工に着手し、10/31に
立上りコンクリートの打設を予定しています。
打設後は十分な養生期間を設けますので、
次の現場の床掘りに着手したいと思います。
天気が雨だとコンクリートの品質に影響が出るので
なんとか晴れが続いてくれるとありがたいです。
あと2日で10月も終わります。。。
という事は、あと2ヶ月で今年も終わってしまいます。。。
来月、地鎮祭予定の新築工事も建築確認申請を
早く提出して早期着工したいと思います。
今日はお知り合いから、●●の現場を手伝ってと
連絡をもらいましたが、すぐには無理です。。。
11月も現場が重なるので忙しくなりそうです。
年越しに向けて頑張って乗り切りたいと思います。
そして来年の為にプランを煮詰めたいと思います。
まだ、現場写真のチェックとまとめをしています。
竣工間際にバタバタするのは嫌なので、、、

茅葺き屋根修繕工事

前沢そば

南会津町内の伝統的建造物保存地区前沢集落で
茅葺き屋根の修繕工事を施工しています。
写真に写っているのは私の弟です。
ようやく差し茅も終わり、屋根面の調整と
屋刈りの作業に入りました。
簡単に差し茅といっても、屋根の傷み具合で
作業の手順・方法は様々です。
差し茅による修繕をすると屋根面に古い茅と
新しい茅の色の違いによるスジがでます。
傷みの大きい部分は新しい茅が多くなり、
あまり傷んでいない部分は新しい茅が少なくなります。
今回の工事現場は、お蕎麦屋さんの為、施工期間の
制約がありましたので、着手が遅れたため、
工期内ギリギリですが、、、
今日の雨がもったいないですね。
あと少しで竣工をむかえられそうです。

杮板(こけら板)

__ (2)

杮板(こけら板)を作っています。
南会津地方では木羽板(こば板)と言いますが、
この板で屋根を葺く技法で古くから伝わる伝統工法です。
この木羽板を使った木羽屋根の職人は今は殆ど居ませんが、
自社では木羽板の製作から屋根葺きの施工までが可能です。
福島市民家園内の国指定重要文化財 旧広瀬座の修繕工事を
手がけています。(平成20年度)
曾祖父が木羽屋根職人でしたので技術を絶やさないように、
伝承していきたいと思います。

この杮板、木羽板は地方により厚みや長さが異なります。
南会津地方では厚み2分(6ミリ)、長さ8寸5分(約270ミリ)が
主流です。
今度製作するものは、厚み1分、(3ミリ)、長さ1尺(300ミリ)です。
何とか年内に作成し、納品したいものです。
原木の確保が難しいですね。
素性のいい木でないと割れませんので。。。P1000122

 

 

耐力壁 5.0倍

__ (1)
南会津町発注の新規就農者就農促進住宅建設
建築主体工事は当初の計画よりは若干遅れていますが、
当初のマスター工程表に間もなく追いつく感じです。
設計図では、在来軸組工法で外部面のダブル筋違いが多く
次世代省エネルギー基準4等級(少し古い基準ですが…)を
満たすのが厳しいので(断熱材の施工上)、監督員と協議のうえ、
自社で標準的に使用している新在来パネル工法の採用を
承認していただきました。
この新在来パネル工法は耐震性の向上、気密性の向上、
工期の短縮、現場の省力化など多くのメリットがあります。
在来軸組工法の良さを活かしながら、2×4工法の
メリットを取入れた新しい工法です。
建て方からサッシの取付けまでが2~3日です。
通常では考えられない程の工期短縮が図れます。

耐力壁で規定されている壁倍率も2.5倍、3.4倍、5.0倍と
種類もあり建物の重心と強さの重心(剛心)のズレを
少なく抑える事ができるため、建築基準法に規定される
偏心率を少なくする事も容易です。
偏心量を少なくする事は地震時に揺れにくくなり、
耐震性の向上にもつながるのです。

現場は断熱材の充填も終わり、5.0倍パネル部の内部側の
面材(構造用合板)の釘止めの作業中です。
明日は外部の通気胴縁下地を施工します。
台風の影響で外部の作業はできませんが、
内部は木枠、見切りなどの施工を進めています。

10月中の外部足場解体に向け頑張ります。

マイベストプロ福島

sumii

福島放送さんで運営しているマイベストプロ福島に
私も掲載されました。
建築に携わるプロとして高性能な住まいを
これからもご提案したいと思います。

↓↓↓ 下記アドレスからご覧いただけます ↓↓↓

http://mbp-fukushima.com/hoshi-koumuten/