ゼロエネルギー住宅(ZEH)とトリプルガラスの樹脂サッシの関係

ZEHには欠かせないトリプルガラス樹脂サッシ

近年の開口部(窓)の省エネ性能の進化は著しいものがあります。
一昨年までは、ペアガラスが主流でしたが、最先端の取り組みをしている
工務店・ビルダーはほとんどトリプルガラスに仕様を変更しています。
この窓の省エネ性能の進化は、2020年の省エネルギー基準適合義務化の先に、
2030年ゼロエネルギー住宅(ZEH)【読み:ゼッチ】の標準化となることが
背景にあります。
省エネルギー性能を確かめるための『外皮計算』でどうしても、
問題になるのが、※窓の熱貫流率Uです。
(※熱の伝わりやすさを表し小さい値ほど性能が良い)
約15年前に商品化されたアルミ樹脂複合サッシはU=2.33で、
最近まで主流であったペアガラス樹脂サッシはU=1.9です。
そして、星工務店で標準採用しているトリプル樹脂サッシは、U=0.88です。
単純にトリプル樹脂サッシは、アルミ樹脂の2.5倍性能が良く、
ペアガラス樹脂サッシの2倍以上性能が良いわけです。
良い性能の窓を使用することで、開口部から逃げる熱の量が少なくなり、
断熱性が向上して、少しでも大きい窓も使用できるということです。
ただ、大切なことがあります。
それは、窓以外の部分の断熱性能とのバランスです。
窓の部分をトリプルガラス樹脂サッシで強化しても、壁や床、天井部分の
断熱性能が悪くては意味がありません。
建物全体の熱の損失量 ÷ 各部分の面積 = 外皮平均熱貫流率UA値で、
数値が小さいほど、断熱性能が良いことを示します。
建物全体の断熱性能を向上させるためには、窓も重要なのですが、
大きな面積を占める外壁部分、熱が逃げやすい天井や屋根、
冷気が入ってくる床の部分の強化が大切です。
2020年の省エネルギー基準に対応するためには、トリプル樹脂サッシは
必要ありません。但し、2030年のZEH住宅の標準化には欠かせません。
2016年4月には、LIXILから5層の樹脂サッシ(レガリス)が発売されます。
U=0.55ですから、壁部分の断熱性が悪いと窓の方が壁部分の断熱性能を
上回るような状態になりかねません。
繰り返しになりますが、2020年の省エネ基準に対応するためには、
各部分の断熱強化に加えて、LOW-Eペアガラス樹脂サッシで問題ありません
しかし、2030年のZEH標準化に向けて、国では2020年にZEHを新築住宅の
50%以上、2030年に100%とするため、2016年4月から経済産業省が中心に
ZEHビルダー登録制度が開始されます。
この制度に登録した工務店・ビルダーにだけ補助金を交付する仕組みと
なりますので、工務店選びは重要になります。
星工務店では、このZEHビルダー登録制度を活用してZEH住宅の普及・推進に
積極的に取り組んでいきます。
星工務店の高性能規格住宅SYNERGYをZEH仕様にバージョンアップし、
SYNERGY SnowCube面の家 ZERO』を商品化致します。
このZEH商品化やZEH標準化に、トリプル樹脂サッシは必要不可欠です。

新在来パネル工法と省エネ性

福島県会津地方で省エネルギー性能の高い住まいを新築するには新在来パネル工法がオススメです

星工務店が設計・施工する新築住宅には筋かいが1本もありません。
これだけを聞けば、構造的に大丈夫なの?という質問があるでしょう。

さて、早速本題です。
住宅に限らず建物は、地震や風、雪や大型車の振動などの外部からの
力に、さらされています。この様々な力に抵抗するために、構造的に
重要な壁(耐力壁)を作るのです。
耐力壁=地震などの力に抵抗する壁で、強さの度合いを壁倍率で表します。
壁倍率が大きいほど、壊れにくい壁であるという意味です。

まずは、一般的な工法である筋かいですが、柱の上と下に対角線状に
斜めに配置した場合が壁倍率2.0倍です。これをダブルでXの状態にしたものが
壁倍率4.0倍になります。
筋かい工法は、圧縮に強く、引張に弱い性質があるため、筋かいの端部を
専用の金物で固定することが必要です。以外とこの金具止めに時間がかかります。
また、筋かいは『線』による構造形式のため変形しやすい性質があります。

さて、星工務店が標準的に採用している新在来パネル工法ですが、
筋かいは1本も使用せずに、構造用合板により耐力壁を作ります。
ただ、一般的に構造用合板を外側から釘で打ち付ける工法とは異なり、
パネル化した構造用合板の耐力壁が、柱の内側にスッポリと入り込む
『入れ子構造』です。『面』の構造形式ですから、繰り返しの力に強く、変形しにくいのです。
構造用合板を片面に貼った場合が壁倍率2.5倍です。これを両面に貼ると
壁倍率5.0倍となります。
実際に地震の揺れを起こして実験を行ったところ、片面で3.2倍、
両面で6.8倍の壁倍率が確保されていることが実証されました。
ですから、筋かいが1本も無いのに、地震に強いお住まいとなるのです。

次は、近年住まいづくりにおいて重要なテーマである『省エネ性』に
ついてです。
耐力壁と省エネ性はあまり関係が無いように思われますが非常に関連があります。
2020年の省エネルギー基準への適合義務化により、一定基準以上の省エネ性を
確保しなければなりません。そのためにも、壁の中身が大切なのです。
星工務店では、構造材の幅(壁の内部の寸法)は120ミリです。
この120ミリを有効に使って断熱材を充填するのです。
ここで問題なのは、筋かいの厚みです耐力壁2.0倍の場合は筋かいの厚みが45ミリ
必要です。さらに、壁倍率4.0倍の場合は、45ミリ×2=90ミリが必要なわけです。
これでは、いくら高性能な断熱材を充填しようにも、厚みが足りません。
筋かい部分の断熱材の欠損は、省エネルギー性能を考える上で重要なのです。
星工務店が標準的に採用している新在来パネル工法は、構造用合板の厚みが9ミリ
ですので、両面に構造用合板を貼った、壁倍率5.0倍の耐力壁でも断熱材を
充填する厚みは102ミリ確保できます。断熱材の欠損なく充填できるのです。
また、外部面が全て、構造用合板で覆われますので、貼り断熱材を施工する際も、
施工性が良いというメリットもあります。
また、気密性を考える上でもメリットがあります。外部面が全て、構造用合板で
覆われますので、ジョイント部分の気密テープに処理をするだけで、高気密が
お約束されるのです。筋かい工法の場合は、2重3重に処理を行う必要があり
決して合理的とは言えません。
ですから、星工務店の住まいは、隙間風がなく、高耐震化、高断熱化ができ
住んでからの、ランニングコストを抑えることができるのです。

星工務店のホームページがリニューアルされました

星工務店のホームページがリニューアル

現在、何を調べるにもネットの時代ですね。
当然ながら住宅に関することや、地元の会社がどんな会社なのかを調べるには
やはりインターネット(WEB)で検索しますよね。
南会津地域はほとんどが車なしでは生活ができない地域です。
しかしながら、WEBであればどこからでも検索ができるわけです。
何か欲しいなぁ。となれば、Amazonだったりgoogleで検索しますよね。

このところ、各種見学会を毎月開催しておりまして、ご参加いただいた
お客様とお話をさせていただく機会が増えています。
その中で、果たして自分の説明した内容がどこまで伝わっているのか?
星工務店の住まいづくりについて、どのように理解されているのかが
とても疑問に感じました。
どうしても、短時間の中で星工務店の住まいづくりについて説明することは
難しい部分もあります。
そこで、ホームページをリニューアルして、星工務店の取り組みが分かって
いただければ、最高だなぁ。と思ったわけです。

最近、多くの住宅ビルダーがゼロエネルギー住宅(ZEH)について、
取り組みを開始しています。
もちろん、星工務店でも南会津地域では初となるゼロエネルギー住宅の建築を
手がけています。
このゼロエネルギー住宅って何? となれば、
『ゼロエネ 新築 福島』『ゼロエネ 新築 南会津』と検索するわけです。
ご興味のある方は是非検索してください。数ある工務店やハウスメーカーの中で
星工務店のブログが一番最初に表示されます。

星工務店のブログ>>

星工務店のいろいろな情報がわかるブログで省エネルギーの事や
ゼロエネルギー住宅のこと、トリプルガラス樹脂サッシ、新在来パネル工法のことなどをこまめに更新しています。

その中で???
疑問が出てくるかと思います。
そんな時は⬇️お問い合わせフォーム⬇️からお問い合わせください。

星工務店の建物なんでもお問い合わせ>>

自分がわかっていることは、建築のプロとして当然のことなのですが、
今後、新築をお考えの方は、みんなが工業高校の建築科を卒業されているわけでは
ありません。ですから、わからなくて当然の事です。
しかし家を建てる前には、それなりの事は、理解したいと思うわけです。
どんな内容でも構いませんので質問いただければと思います。

そんな時は⬇️お問い合わせフォーム⬇️からお問い合わせください。

星工務店の建物なんでもお問い合わせ>>

最近、このお問い合わせフォームからのお問い合わせが増加しています。
住宅ローンの事、ゼロエネルギー住宅の事、土地の情報、パネル工法の事。
2020年の省エネルギー基準適合義務化の事などなど。

星工務店ホームページ>>

構造見学会へのご参加ありがとうございます

只見町で省エネ住宅の構造見学会を開催します

星工務店では、南会津郡只見町大字黒谷地内において、
平成28年2月20,21日の2日間、施主様のご厚意により
構造見学会を開催致しました。
多くの方々に、天候の悪い中、遠方より
ご来場いただきまして、ありがとうございます。

構造見学会は他の工務店で開催されている例は少なく、
南会津では、星工務店だけかもしれません。
星工務店では、完成すると隠れてしまう部分
住宅の様々な性能を考える上で大切であると案内しています。

さて、今回の構造見学会にご参加いただきました皆様に、
ご説明させていただいた、『耐震性能』・『省エネルギー性能
どうでしたでしょうか?
星工務店オリジナルの新在来パネル工法は、筋かいを
1本も使用していません。でも強度は2倍以上です。
筋かいは、大きな力により変形しやすい性質があり、
圧縮に強く引張りに弱いのです。
一方、新在来パネル工法に使用する構造用合板は面材のため、
力が分散されるため、圧縮、引張りといった概念がありません。
構造形式も【線】から【面】に変わるため、変形しにくく、
力が分散されるために、耐震性能が向上するのです。

省エネルギー性能については、国の政策により、2020年までに
すべての新築住宅を対象省エネルギー基準適合義務化の方針
打ち出しています。
2020年以降は、基準を満たさない住宅は新築することができなくなり、
罰則規定も強化されるという事です。
2020年の省エネルギー基準は厳しくありません
計算の過程、方法が複雑なっただけですが計算ができない工務店は
死活問題になっていきます。
設計、計算方法に疎くの知識の無い工務店は淘汰される時代がきます。

ですが、ご安心ください。
星工務店では、この2020年の省エネルギー基準は既にクリアしており、
2030年に標準的な住まいとなるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス
ゼロエネルギー住宅・ZEH)の普及を他の工務店・ハウスメーカーに
先駆けて、推進しております。その背景には国の方針で2020年には
新築戸数の50%以上を、2030年には100%をゼロエネルギー住宅(ZEH)と
することが公表されているからです。
今後、住宅を取り巻く環境が大きく変わっていくことが予想される中、
星工務店ではこれからも、最先端の取組みをしていくことが
重要だと認識しております。

今後も各種見学会を通じて最先端のご提案をしてまいります。
次回は、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ゼロエネルギー住宅・ZEH)の
完成見学会を只見町只見地内で予定しております。

構造見学会の折込み広告

只見町で省エネ住宅の構造見学会を開催します

星工務店では南会津郡只見町大字黒谷地内において、
平成28年2月20,21日の2日間、施主様のご厚意により
構造見学会を開催致します。

構造見学会の新聞折込み広告を本日いたしました。
星工務店では、平成21年から各種見学会を定期的に
開催しておりまして、開催実績も20回以上となりました。
今後も継続的に自社の取組みをお知らせしていきます。

さて、今回の構造見学会でご覧いただきたいポイントは2つです。
1つ目は『耐震性能』。2つ目は『省エネルギー性能』です。
耐震性は、地震や強風、積雪に対する備えを意味します。
星工務店オリジナルの新在来パネル工法は、筋かいを
1本も使用していません。でも強度は2倍以上です。
省エネルギー性能は、断熱性能やサッシの性能、設備機器の
環境への配慮などを意味します。少し難しい話になりますが、
『国土交通省・経済産業省・環境省が合同で設置する
「低炭素社会に向けた住まいと住まい方推進会議」は、
2020年までにすべての新築住宅を対象に省エネルギー基準への
義務化の方針を打ち出しています。』つまり、2020年以降は、
CO2の削減の為に国をあげて、基準の厳しい省エネルギー住宅
普及を推進していく訳です。結論は2020年から全ての新築住宅
対象に、法律により省エネルギー性能の適合義務化がなされ、
基準を満たさない住宅は新築することができなくなり、
罰則規定も強化されるという事です。
設計、計算方法に疎くの知識の無い工務店は淘汰される時代がきます。

ですが、ご安心ください。
星工務店では、この2020年の省エネルギー基準は既にクリアしており、
2030年に標準的な住まいとなるネット・ゼロ・エネルギー・ハウス
(ゼロエネルギー住宅・ZEH)の普及を他の工務店・ハウスメーカーに
先駆けて、推進しております。その背景には国の方針で2020年には
新築戸数の50%以上を、2030年には100%をゼロエネルギー住宅(ZEH)と
することが公表されているからです。
今後、住宅を取り巻く環境が大きく変わっていくことが予想される中、
星工務店ではこれからも、に最先端の取組みをしていくことが
重要だと認識しております。
構造見学会では省エネルギー住宅の心臓部をご覧いただけます。
完成すると隠れる部分こそ、住まいの性能を考えるうえではとても
重要です。今後の新築住宅はどんどん省エネルギー化、ゼロエネ化が
進んでいきますので、今回の見学会は今後の為に大変参考になるものと
思います。
今後の新築・リフォームをお考えの方にはとって少しでも、
ご参考になれば幸いです。

福島県会津地方で高耐震・省エネルギー住宅の新築をお考えの方へ

只見町で省エネ住宅の構造見学会を開催します

現在、星工務店では南会津郡只見町大字黒谷地内において、
省エネルギー性能の高い住宅の新築工事に着手しています。
平成28年2月20,21日の2日間、施主様のご厚意により
構造見学会を開催致します
どうしても完成見学会の方が、綺麗ですし華があります。
しかし、住宅の性能を本気で考える上で大切なのは、
完成すると隠れてしまう壁の中なのです
どの程度の断熱材が使われているのか?
どういった構造、工法なのか?
本来は住宅を新築するうえで1番最初に見るべきところです。

星工務店では、同業他社では採用してない新在来パネル工法を採用し、
25件以上の実績があり、耐震性が非常に高い事は先の東日本大震災の時に、
外壁、室内の壁に1本もヒビが入らなかったことで証明できます。
星工務店の新在来パネル工法は、筋かいを1本も使用しないため
断熱性能を考える上でも非常にメリットがあります

平成25年に改正された省エネルギー法により、
平成27年4月からは全ての新築住宅において、
外皮計算と1次エネルギー消費量の算定が義務付けられました。
実際の計算では、筋かいを使用した場合、筋かいの部分の
断熱材の欠損をカバーしなければならない訳です。
筋かいは厚みが45ミリありますので断熱材の欠損部分も大きくなるのです
どうしても弱い部分ができてしまうのです。外貼り断熱での
補強という方法も無い訳ではありませんが、合理的ではありません

一方で星工務店の新在来パネル工法はパネルの厚みが9ミリですので
断熱材の欠損がなく、全面に高性能な断熱材を充填できるのです
それに加えて、外貼り断熱材も施工していますので、
従来の工法とは断熱性能も耐震性も雲泥の差がある訳です。

2020年から法律により、住宅の省エネ基準への適合が義務化されます
結論から言えば、燃費の悪い家は建ててはいけませんよ
工務店さんもしっかり内容を把握して性能の高い住まいを
設計してくださいね!ってことなのです。
更に、2030年にはネット・ゼロ・エネルギーハウス(ゼロエネルギー住宅・ZEH)が義務化に
なる事も国の方針で決まっており、義務化のタイミングが早まる事も
予想されるのです。国でしっかりとした設計・施工ができるかを
篩にかけている状況なのです。

星工務店では2020年の省エネルギー性能の適合義務化は、
何一つ問題ありません。むしろ甘い基準だと認識しています。
2030年に予定されているネット・ゼロ・エネルギーハウス(ゼロエネルギー住宅・ZEH)が
仮に4月から義務化になったとしても、余裕で対応できます
ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ゼロエネルギー住宅・ZEH)を設計するうえで大切なのは
外皮性能(断熱材と窓の熱貫流率)を強化してあげる事です。
ですから、トリプル樹脂サッシを標準的に採用しているのです。
南会津は国内でも有数の豪雪地ですから、寒冷期の快適性を
考えれば、トリプル樹脂サッシを使用すべきです。

いずれ、これから先は低性能な住まいは、新築ができなくなります。
平成25年改正の省エネルギー法は、計算の過程が増えただけで、
基準自体は以前のものとあまり変わりません。
2030年に標準的な仕様となるゼロエネルギー住宅(ZEH住宅)や
税制上優遇措置などのある長期優良住宅などをご提案していくのが
これからの設計者、工務店のあり方だと認識しています。

今回の構造見学会は星工務店の取組みをご覧いただける貴重な機会です。
国内で最も性能が良い、フェノバボード断熱材もご覧いただけますし、
外貼り断熱材の施工状況、トリプル樹脂サッシは、この地域の
同業他社では一切使用されていないものばかりです。
2020年以降の、省エネ性能への国の方針を把握すれば、必然的に
必要となる取り組みだと認識しています。
新築をお考えの方には是非、ご参加いただきたい構造見学会です

只見町新築住宅 トリプル樹脂サッシの取付開始

トリプル樹脂サッシの取付開始

弊社は福島県内でも有数の豪雪地方である南会津郡を中心に
省エネルギー性能の高い住まいの新築工事を手掛けています。

平成28年1月23日に上棟したM様邸は昨日から
高性能トリプル樹脂サッシの取付を開始しまして、
今日中には完了する予定です。
上棟後からサッシの取付の期間を短縮することが大切で
今の時期は雪の吹き込みを防止する点からも重要です。
この期間を短縮するうえでも弊社オリジナルの
新在来パネル工法はとてもメリットがあります。
従来の木造軸組在来工法では、地震などに対して筋かいにより
抵抗します。この筋かいは大きな力に対して変形しやすい性質があり、
圧縮に対しては強く、引張りに対しては弱い性質があります。
新在来パネル工法の場合は、筋かいは1本も使用せずに、筋かい工法よりも
1.5~2.0倍の強度を確保することが可能です。しかも、パネルの製作は
1ミリ単位の精度で作成が可能ですので、サッシの形状、柱寸法に合わせて
製作できます。これにより、現場での省力化が図れると同時に、
高耐震性、高気密化、高断熱化が可能になります。

断熱性能を考える上で、筋かいの厚みが、非常に不利になります。
通常、柱、壁の厚さは4寸(120ミリ)ですが、筋かいの厚みは45ミリです。
いくら性能の良い断熱材を入れても筋かいの部分は75ミリしか
断熱材を入れる事ができない訳です。
平成25年に改正された省エネルギー法により、
平成27年4月からは全ての新築住宅において、
外皮計算と1次エネルギー消費量の算定が義務付けられました。
この計算は義務ですので必ずしなければならず、
性能を満たさなければならない訳です。
この計算を実際にすると、面積の大きな部分である壁面の断熱性能が
重要であることが良くわかります。
もちろんサッシも結露防止、断熱性能を考えるうえで重要なのは
ご存じの通りです。

1次エネルギー消費量の算定では暖房、冷房、換気、照明、給湯について
検討する必要があり、その中でも大きな割合を占めるのが、給湯と暖房です。
この2つの消費量を抑える事が省エネルギー性を高める上でとても重要です。
この問題を解決するために弊社では、ハイブリッド給湯・暖房システムを
平成21年から新築住宅において先導的に取入れてきました。
また、建物の断熱性能の強化、耐震性能の強化のために、新在来パネル工法を
開発し、自社独自の工法を確立してきたところです。
最近では、このパネルに断熱材を組み込むことで、更なる断熱性能の強化と
同時に工期短縮をし早期のお引渡しを目指しています。
今現在では、平成25年に改正された省エネルギー法についての
法整備が進んでおらず罰則規定などが曖昧です。
今後、2020年を目途に法整備がなされる予定です。
建築業界では2020年問題などと言われ、対応できない
ビルダーが出てくると推測されますが、
2020年の省エネルギー基準を満たせないビルダーは、
2030年に標準的な仕様となるゼロエネルギー住宅(ZEH住宅)への
対応は絶対にできないものと考えています。
社内で建設業の許可、建築設計事務所の許可の無い工務店、
ビルダーは新築住宅の新築ができない時代になります。
設計から施工まで一貫した設計施工の体制が必須です。