べた基礎と布基礎 コンクリートの打設

べた基礎、耐圧盤コンクリートの打設

星工務店では現在、南会津町田島の人気地区である
行司地内で新築工事に着手しています

7月26日に第3者による配筋検査を受け、問題もなく
7月27日に耐圧盤コンクリートの打設を行いました。

基礎の形式も少し前とは工法が変わってきています。
昭和から平成の初期にかけては【布基礎】と言われる工法が
一般的でしたが、約10年ほど前から不同沈下に強いと言われる
【べた基礎】が主流になってきています。

【布基礎】は、壁(土台)の部分だけ基礎を配置する形式で
問題としては、
1、集中的な力が部分的に発生し不同沈下の原因になりやすい。
2、建物の下から建物内に湿気が入りやすく腐朽の要因になる。
3、作業工程が多く工事に時間がかかる。
などがあげられます。

一方、【べた基礎】は、
1、基礎全体で建物の荷重を支えるため不同沈下が発生しにくい
2、基礎全面に防湿シートで防湿処理を行うため、湿気が入りにくい。
3、捨コン→耐圧盤→立上り と作業工程が容易になる。
4、鉄筋量が大幅に増えるためコストは増加する。
5、地盤調査を行えばほとんどが【べた基礎】の選択になる

ここ10年ほどで、【べた基礎】が主流になってきています。
近くの建築現場で、【布基礎】を見たら要注意です。

【布基礎】と【べた基礎】を見分ける方法は、
基礎の内部に升目状に鉄筋が組まれているかどうかです。
このブログに掲載した写真のように鉄筋が組まれていれば
【べた基礎】なのです。

地盤調査の結果により、地耐力(地盤の強さの度合い)を見て
【布基礎】と【べた基礎】のどちらの工法を採用するか?
と言う方法もあるのですが、構造的な強さを考えれば
絶対に【べた基礎】をお勧めします。

nunokisoimagesukasiiribetakiso_image

ZEHに関するお問い合わせはこちらからお願いします

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします。

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117

南会津町田島字行司地内で新築工事中です

第3者による配筋検査を受け、無事に合格です。

星工務店では現在、南会津町田島の人気地区である
行司地内で新築工事に着手しています。

7月20日に地鎮祭を執り行いまして、
21日から床掘りを開始し、
25日から基礎の鉄筋組立の作業を行っています。

今日は第3者による配筋検査を受けました。
もちろん合格です。
これで、明日は耐圧盤コンクリートの打設が可能です。

住宅瑕疵担保履行法により、住宅を引き渡しする際に
供託金を預けるか、瑕疵担保責任保険に加入するかの
どちらかを選択しなければいけません。
この第3者による検査は、保険加入のために
欠かせない検査なのです。

この瑕疵担保履行法は悪質な住宅会社の排除と
安心して住宅を建てるために国が
中心になり約6年前から始まった制度で毎年2回の
報告義務もあるのです。

全ての住宅会社がやらなければいけないことです。
法律ですので守って当然のことです。

8/8頃から建て方を開始する予定です。

福島県会津地方で省エネ住宅やZEHの新築をご検討の方へ

新築住宅の構造見学会を開催します

星工務店では、ダブル断熱工法による超省エネ住宅の構造見学会を
南会津郡只見町二軒在家地内で施主様のご厚意により
7月23,24日の2日間、開催させていただきます。

国では、2020年に省エネルギー基準への適合義務化を行い
2030年ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を義務化する
方針を打ち出しています。
その準備として、ZEHを2020年には50%以上とする目標を
掲げており、今後は【新築住宅=ZEH】ということが、
これから先は一般的になっていきます。

隠れてしまう前に大事な部分を見て欲しい!

住宅の断熱性能や耐震性能を考える上で大切なのが、壁の中身です。
星工務店では新築中にしか見ることができない非常に重要な部分を
多くの方にご覧いただきたいと考えています。
完成すれば隠れてしまうため、
今のタイミングでしか見る事ができないのです
ですから、
星工務店では完成見学会と同じように構造見学会を重視しています

同業他社に見られてしまうリスクがあるのですが、
とにかくお客様には最新の工法や情報を少しでもお伝えしたいと
考えています。実際の住まいが、どのように建てられていくのか?
どんな仕組みでエネルギーの消費を抑えてランニングコストを
ダウンしていくのか?を実際に見ていただけます。

弊社の省エネ住宅は「壁」に秘密アリ。

さて、このエネルギーの消費を抑える取り組みで欠かせないのが、
弊社オリジナルの工法である【新在来パネル工法】なのです。
なぜ、エネルギーの消費を抑えるのに【壁】が関係あるのか?
と思われる方も多いことと思います。
一般的な在来工法では、地震などの力に対して「筋かい」で抵抗します。
しかしながら「筋かい」を取付けた部分には、筋かいの厚みの関係で、
断熱材をたっぷり入れることができないのです。
これが、エネルギーの消費を抑える上で大きな問題になる訳です。
ですから、星工務店では【新在来パネル工法】を標準化
筋かい」は1本も使用しないのです。
これこそが、
断熱性能をより良くするための星工務店の取り組みなのです。

弊社で新築されたお客様の9割以上の方が
構造見学会に参加されています。

実際に星工務店で新築された9割以上のお客様が構造見学会に
参加されています。実際に【新在来パネル工法】
住まいの建て方をご覧いただくことで、どのようにして
断熱性、耐震性、気密性、快適性をより良くしているのかを
ご確認いただいている証拠だと思います。
弊社では新築中の工事現場をより多くの方にご覧いただきたいので、
このような構造見学会を開催するのです。

2020年からの省エネ対策では手遅れになる!

今後、国の方針により省エネルギー基準への適合義務化
段階的に進められ、
2020年4月以降は、全ての新築住宅が対象になります。
既存の住宅で2020年の適合義務化の際に省エネルギー基準を
満たしていない場合は【既存不適格】となるため、
住宅の資産価値も大きく減少します
もしも、新築して間もない住まいが省エネルギー基準を
満たしていなかったとしたら、お客様の落胆は計り知れません。
ですから、省エネルギー基準への適合は当然で、
さらにレベルの高い【低炭素認定住宅】
【ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)(読み:ゼッチ)
などの高性能な住まいづくりを、
今からしっかりとしていく必要がある訳です。
今後も各種見学会の開催を通して、地域の皆様に
最新の情報をご案内してまいります。

見学会会場で、ご質問があれば私が直接お答えいたします
皆様のお越しを心からお待ちしております。

今の時期の結露は、、、

結露は断熱が問題

前回のブログでは、
ノーリツのハイブリッド給湯器がリニューアルして、
値段はそのままで、性能がまた向上しますよ
とお伝えしました。

さて、今日は某建材メーカーの展示会に参加のため
車中でこのブログを書いています。

雨が降っていて、ジメジメする嫌な季節ですね。
この時期は、洗濯物を干しても乾きにくかったり、
洗濯物を干した部屋では結露が出たり。。。。。
本当に嫌ですよね。

では、今日のブログは
【結露】についてお話ししたいと思います。

結露といえば、
通常は寒い時期に発生するもの!
と思われる方も多いと思います。
実は、意外とそうでもないのです。

洗濯物を干せば、当然ながら【湿度】が高くなりますよね。
この湿気と家の断熱性、仕上げ材、換気の関係が、
結露の発生と大きな原因でもあるのです。

湿度を調整できるような、吸湿性のある仕上げ材は
珪藻土だったり、エコカラットなどがあります。
少しの面積でも効果を発揮する例もありますので
侮れない仕上げ材だと認識しています。
もともと、金額が高い製品ですので全面でなく
短い壁面の1つに採用するのもいいかもしれません。

次に、換気です。
現在、新築される住宅は以前に比べて気密性能が高くなっています。
在来工法で気密処理がされていない場合は除きます。
要は、室内で発生した湿気が外に逃げにくくなっているのです。
ですから、機械で半強制的に換気をする必要があるわけです。

長時間使う部屋【居室】では、24時間換気が義務付けられています。
部屋の容積(m3)を計算して、
容積(m3)× 0.5 が1時間当たりの必要換気寮になるのです。
これは法律により義務化されていますので、必須です。

しかしながら、サンルームなどの非居室には、
換気をつけなさい! という法律はありません。
湿気を外に出すことで結露の抑制にはつながりますので
必要な設備です

この換気ですが、
室内の快適な温度の空気が逃げてしまうんでは?
って思われる方もいらっっしゃることでしょう。
換気をするときに、熱を逃がさずに換気ができるのです。
中から出る空気の温度を、外から入ってくる空気に伝えて
換気する方法で【熱交換型】と言われています。

住宅の性能向上には欠かせない設備です。
星工務店では各部屋ごとに換気ができる、
第1種熱交換型換気設備を標準的に採用しています。

さて、次は断熱性についてです。
結露と断熱性と気密性は関係が無いように
思われるかもしれませんが実は非常に重要です。

断熱性が低いということは、外の気象条件の影響を
ダイレクトに受けるということになります。
実は断熱性が低いことは、
一番結露の中で厄介な【壁内結露】の要因にもなります。

壁内結露は、湿気により壁の内部、
構造体が腐ることにも繋がるため、
住宅の高断熱化がいかに重要かがわかると思います

室内の温度も一定にはなりにくく、
湿度についても同じことが言えます。
梅雨の時期に結露が発生するのは、
実は断熱性能の問題があることが多いようです。

私が、今住んでいる住宅は新築してから約20年です。
グラスウール断熱材10k100mmを使っているので、
断熱性能は決してお世辞でも良いとは言えません。
今の時期でも、洗濯物を干せば結露します

原因は、上に書いたようなことなのですが、
それに加えてアルミ製の出窓があります。
これが良くありません。
いや、相当に悪いです

現在は省エネルギー性を考えれば、樹脂サッシが普通ですが
樹脂サッシに出窓のラインナップはありません。
それはなぜか?

断熱性能が悪いためにメーカーでも廃盤にしたい!

という商品なのです。

1ヶ所、アクセントに出窓をつけたい! などということは
断熱性能を落とし、結露の要因を作ることになりますので
おやめください。
出窓はアルミフレームの商品で樹脂に比べて1,000倍熱を通すのです。
もしも、出窓のご相談を受けたら、別の解決方法もありますので
お気軽にご相談ください。

結露をなくすには!
⑴ 吸湿性の高い材料を仕上げに使う!
⑵ 換気設備をつける
⑶ 断熱性能を良くする
この3つです。
今の時期に結露すれば、ほとんど冬は結露します。
寒い時期までに対策したいですよね。。。

次回のブログでは、
【超高性能な断熱材】について
内容を掘り下げて、詳しくお話ししたいと思います。

住まいのこと全般に関するお問い合わせはこちらからお願いします

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします。

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117

ハイブリッド給湯器のニューモデル

ノーリツのニューハイブリッド給湯器は145%

昨日、ハイブリッド給湯器でお世話になっている
株式会社ノーリツ様が、本社のマーケティング部、
郡山営業所長、担当営業の3名でご来社されました。

もちろんですが、
ハイブリッド給湯器のことについて貴重な意見交換を
させていただきました。

現在、ハイブリッド給湯器は
株式会社ノーリツとリンナイ株式会社の2社だけが
販売しています。どちらのハイブリッド給湯器も、
省エネ大賞受賞しており、省エネ性能の良さは
国のお墨付きをいただいているわけです

そのような中でも、お互いに性能の向上に向けて
切磋琢磨されている状況です。

この省エネ性能の指標となるのが、
給湯1次エネルギー効率(%)です。
125%という値は一般的な給湯器では
ありえない値で、100%を超えることはありません

ハイブリッド給湯器は、ガスと電気のいいところを組み合わせ
給湯1次エネルギー効率が良くなりエネルギーの消費を
抑えているのです。
125%という数字でも凄いのですが、
株式会社ノーリツの最新式のハイブリッド給湯器
給湯1次エネルギー効率145(%)です。

性能がどんどん良くなりガスの使用も抑えられるのですから
家計にも優しい給湯器ですよね。

この開発秘話が、環境省のホームページで公開されています。
こちらのリンクからご覧いただけます。

さらに、環境への配慮が素晴らしいのです。
一般的に、ヒートポンプには代替フロン冷媒が使われていますが
株式会社ノーリツのハイブリッド給湯器は
自然冷媒が使われており、フロンが使われていないのです。

代替フロンは、オゾン層の破壊には影響がないのですが
地球温暖化に影響を与える温室効果ガスで、その影響力は
CO2の数百倍〜1万倍以上とも言われています。
今後の環境保護の観点からも、世界基準で
フロン根絶が進んでいる状況です。

この最新式のハイブリッド給湯器は
9月1日から出荷開始ですので、早々に予約をしました。
お値段はそのままで、最新式のハイブリッド給湯器が
ご使用いただけます
お引き渡しが9月10日以降のお客様が対象です。

今後の住まいの設計では、住まい単体の耐震性や断熱性、
機能性や快適性ももちろん大切ですが、
もっと大きな視点で環境に配慮した住まいにも
重点を置いていかなければなりませんね。
住まいに関するお問い合わせはこちらからお願いします

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします。

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117