BELS 建築物省エネルギー性能表示制度

建築物省エネルギー性能表示制度

平成28年4月から『建築物省エネ法』に基づく、
省エネ性能の表示制度がスタートしました。
住宅版 BELS (ベルス)と言われています。

建築物省エネ法
(正式:建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)では、
建築物の販売・賃貸を行う事業者は、その販売又は賃貸を行う
建築物について省エネ性能を表示するよう努めなければならない
と、決められています。
⭐️の数を見れば、その住宅の性能がわかるという制度です。
⭐️から⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️の5段階の評価で、⭐️の数が多いほど
省エネ性能が良いということになります。

2020年省エネ基準に適合していれば、⭐️⭐️とはなりますが、
高性能ではありません。
(恥ずかしくて⭐️⭐️では表示できません…)

今回、喜多方市塩川町で設計・施工させていただいたお住まいでは、
最高評価の⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️の評価をいただいています。
しかも、特記事項でゼロエネ相当の評価もいただいていますので、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)【読み:ゼッチ】
あることの証明にもなるわけです。

今後、新築をお考えの方には、住宅の性能を評価機関による判断で
証明できるこのような制度のご活用をお勧めいたします。

既に星工務店では、
ZEH補助金、地域型グリーン化事業補助金などの申請実績に加えて、
福島県内では初の認定でもある
建築物エネルギー消費性能向上計画認定】の実績もございます。
また、現在では南会津町田島に新築予定のお住まいについて、
低炭素建築物認定】の技術的審査を申請中です。

また、現在、南会津町山口地内で施工中の新築住宅では
フラット35Sの金利優遇Aプラン(当初10年-0.3%の優遇)の
活用のために審査機関の評価を受けています。
このフラット35Sの金利優遇Aプラン(当初10年-0.3%の優遇)は
仮に3,000万円の借入れの場合、
総返済額が約90万円ほど変わりますので、
この優遇金利は施主様にとってメリットがあります。

省エネ性能の高い住まいの新築を得意としている弊社にとって
このような制度は活用すべきと考えています。
これらの申請には、間取りに加えて、サッシの性能、
各種設備機器を確定した上での作成となります。
また、建築確認申請よりも時間が必要になりますので、
時間的なゆとりも必要になります。

建築物エネルギー消費性能向上計画認定

建築物エネルギー消費性能向上計画認定

現在、南会津町田島字行司地内で、
新築工事を進めているお住まいは、
福島県内では初となる
建築物エネルギー消費性能向上計画認定』の
交付を受けています。

2020年に全ての新築住宅を対象に
省エネルギー基準の適合が法律により義務化されます

その基準に対して10%以上の消費エネルギーの削減
建築物エネルギー消費性能向上計画認定の基準です
実際には49%の削減をしていますので、
2020年の基準の約半分のエネルギー消費で生活ができる!
ということです。
因みに、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の場合は
エネルギー消費がゼロになるということです。

今年はこれからZEHの新築の控えています。
これからは住まいの耐震性に加えて、
断熱性、省エネ性が今後は大きく注目されることと思います。

12月5日から建て方を開始して、既に屋根は完了!
樹脂サッシの取付も終わり、
外貼り断熱材の施工と通気胴縁の施工を進めています。

やはり従来の筋かい工法とは施工スピードが違います
筋かい工法で施工していれば、まだサッシの取付にも
着手できていないことでしょう!
パネルの建込みと固定が終われば、
従来のサッシの下地、
筋かいの取付(金具も含めて)、
壁の充填断熱材の施工が一つの工程で終わるんです!

img_5497

だから、建て方から竣工までのスピードが
同業他社よりも早いのです。
実際に我が家の建て方が始まれば、早く住みたくなるのが
本当の気持ちですからね。

さて、明日は南会津町田島地区で地鎮祭です。
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の新築です。
タイミングが悪く補助金の申請はできませんが、
ランニングコストが大幅に抑えられるので
ZEHはとても魅力があると思います。

南会津町山口地内で地鎮祭を執り行いました

img_1042
平成28年12月7日に
南会津町山口地内で
地鎮祭を執り行いました。

今回の新築住宅は、
星工務店が標準的に施工しているネオマフォームの
ダブル断熱工法により省エネ性能を向上したお住まいです。

2020年に法律により、
省エネルギー基準への適合義務化となるため、
省エネルギー基準をクリアする性能で
新築をしていく必要があるわけです。
省エネルギー基準を満たすための様々な取り組みを、
一足先ににご覧いただける機会である構造見学会を
平成29年1月上旬に企画いたします。

早々に基礎工事に着手し12月中旬の基礎完了。
12月下旬の建て方を予定しております。

施主様と長いお付き合いができますことに
感謝いたします。

今後とも、株式会社星工務店を
よろしくお願いいたします。

2級建築士 合格発表!!!

2級建築士に合格

今日は国家資格である2級建築士の合格発表の日です。
私は、既に2級建築士も1級建築士も取得していますので
何も問題はないのですが、、、

星工務店の社員でもある、私の弟が。。。

今年の2級建築士の学科試験から挑戦し、学科、製図の試験を
ストレートでクリアし、無事に合格してくれました。
たいへん、嬉しく思います。

2級建築士は誰でも持ってるなんて、
言われることも多々ありますが、立派な国家資格です。
今年の問題を拝見しましたが、やはり毎年難しくなっており、
1級建築士レベルの問題も出題されているように感じます。

2級建築士と1級建築士の違いは、規模と構造の制限なので
一般住宅は2級建築士でも設計・監理はできますし、
所定の実務経験の後に、独立も可能なのです。
来年は1級建築施工管理技士と宅建士に挑戦すると
意気込んでおります。

弟に負けないように私も次の資格に挑戦しなければと
思っています。来年は事業の幅を広げるためにも
2つの資格取得に向けて挑戦したいと思います。

資格の責任の重さは、常日頃、実感していますが、
資格は財産で非常に重要なものであると認識しています。

まずは、合格してくれてよかったです。
兄としても、社長としてもホッとしています。

ですが、年度内、来年の新築住宅の段取りを
しなければいけませんので、
あまり余韻に浸っている時間があまりないのも事実です。