ご契約 〜南会津町山口〜

H29年4月南会津町で新築工事着手のご契約

昨日、平成29年4月から着工予定のお客様と新築工事のご契約を
結ばせていただきました。
本当に嬉しく、ありがたく、身の引き締まる想いです。
今後とも末永いお付き合いをお願い致します。

完成見学会は絶好の機会

完成見学会での私との出会いがマイホーム新築の第一歩と言っても
過言ではありません。
星工務店では新築のご計画も無い方々にしつこい営業は
致しませんので安心してお越しください。
お客様との打ち合わせは、完成見学会、当日ではなく後日、
ご連絡をいただいたお客様と社長である私が直接お会いして行い、
ご要望をお聞きして設計(プランニング)に反映します。
完成見学会で【今から頼めばいつ住めますか?】などのご質問には、
正直に受注の状況をご説明して、平成〇〇年の〇月から着工できて、
〇〇月には住めますよ!などとお答えします。
嘘を言っても仕方ないので、ありのままのことをお知らせしています。
例えば5月以降は予定が詰まっていますので、
その前でしたらご希望に添えますよ!といった感じです。

完成見学会と構造見学会の違い

星工務店では定期的に各種見学会を開催しております。
工事中に開催する【構造見学会】と、工事が完了し
お客様へのお引渡し前に開催する【完成見学会】の2つです。
構造見学会では、建物の性能を決める大事な要素である地震への備え、
住宅の省エネルギー性を左右する断熱性能などの大切な部分を
ご確認いただけます。南会津の豪雪にも耐えうる骨太な構造や
新在来パネル工法を実際に見れる貴重な機会です。
完成見学会は実際にお客様に引き渡される状態で見学ができますので
自分イメージと照らし合わせて確認ができるのです。
また、星工務店では【ハイブリッド給湯暖房システム】を標準仕様に
していますので、床暖房の心地よさも体感する事ができるのです。
この床暖房の暖かさ、心地よさは他の暖房よりも快適で経済的です。

完成見学会から契約、着工まで

各種見学会にご参加いただきますと、
実際の住まいのイメージが大きく膨らむことと思います。土地、
住宅ローンの問題や諸費用などわからないことばかりのことでしょう。
これは恥ずかしいことではなく、当たり前なのかもしれません。
なぜならマイホーム新築は何度も経験できることでは無いからです。
多く寄せられるご質問が【住宅ローン】についてです。
実際にいくら借入できて、月々いくら返せるのか?
これを把握できると資金計画をしっかり組み立てられ、
返済の計画も立てやすくなります。星工務店のホームページでも
住宅ローンシュミレーターを準備していますので
よろしければご活用ください。
資金計画は重要です。
この資金計画に基づいて、間取りや土地を決定していけば
最短で2ヶ月以内でご契約というケースも多くございます。
また、5ヶ月ぐらいかけて、
じっくりとプランを考えるパターンもございます。

妥協してはいけない断熱性能

株式会社星工務店では、
【住宅の高断熱化】・【住宅の省エネ化】に特化したお住まいの
設計・施工を得意としています。
まだ世の中は、安価で低性能なグラスウール断熱材が多く使われ
ていますが、星工務店では、実際に住んでから苦情が出るような
家の造りは絶対にお勧めできませんし、設計をする者として
妥協はできません。
ですから、低性能なグラスウール断熱材は使用いたしません。
マイホームは、車のように買い換えはできない一生に一度の
大きなお買い物です。
ですから、しっかりとした知識と経験で間違いのない性能・機能を
兼ね備えたお住まいをご提案しているのです。

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の完成見学会

星工務店では、国内トップクラスの超高断熱ZEHの完成見学会
南会津町田島字行司地内(南会津ニュータウン分譲地)で
施主様のご厚意により平成29331日、4月1日の2日間
開催いたします。3月31日に限り、20:00までご覧いただけます。
通常の見学会は昼間の開催の為、夜間のイメージは???といった方も
多かったのではないでしょうか?
また、交代制勤務などで祝日の参加ができなかった方も多いと
伺っております。
星工務店の初の試み、ナイター完成見学会です。
住宅ローン相談会も併せて開催いたします。
皆様のお越しをお待ちしております。
国内トップクラスの高断熱ZEHの家 完成見学会

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の新築住宅の完成見学会を開催します

国内トップクラスの高断熱ZEHの家 完成見学会

星工務店では、国内トップクラスの超高断熱ZEH完成見学会
南会津町田島字行司地内で施主様のご厚意により
平成29年3月31日、4月1日の2日間、開催いたします。
3月31日に限り、20:00までご覧いただけます。
通常の見学会は昼間の開催の為、夜間のイメージは???と
いった方も多かったのではないでしょうか?
また、交代制勤務などで
祝日の参加ができなかった方も多いと伺っております。
星工務店の初の試み、ナイター完成見学会です。

2020年基準と2030年基準

国の方針で法律により、2020年と2030年の2段階で新築住宅の
省エネ性能に基準が設けられます。ただ単に
「断熱された省エネ住宅」と言っても比較検討が難しかった為、
断熱性能をはっきり表すUA値でわかりやすく表示するように
なりました。その数値の計算式などは難しく複雑ですが、
数字だけは覚えておいてください。
国が地域ごとに定めるUA値は南会津町において、
2020年基準で0.56です。このお住まいはUA値=0.22で、
2020年基準のUA値=0.56と比べると約3倍の断熱性能がある事を
意味しています。国では2030年に
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を義務化する方針です。
その準備として、ZEH2020年には50%以上とする目標を掲げており
今後は【新築住宅=ZEH】という事が一般的になります。

家も燃費で考える時代に

皆さんが車の購入をご検討される際に
どのような基準で判断をされますか?デザインや排気量もありますが、
多くのお客様は『燃費』で選ばれることと思います。
AQUA、プリウス、などのハイブリッド車がたくさん走っているのが
その理由だと思います。
さて、今後新築をご検討される上で、
同じように『燃費』で住宅を選ぶ時代になり、
住宅の燃費を無視することができなくなるのです。
要は、住宅を高断熱化することで、電気やガスの消費を少なくし、
ランニングコストを抑え、低燃費な住宅とすることができるのです。

リッターあたり何キロ走るか?=1次エネルギー消費量

車の場合は、リッターあたり何キロ走るか?という
目安となる数字がありますね。
しかし、住宅はそのような具体的な数字がありませんでした。今後は、
『UA値』『1次エネルギー消費量』という数字で表すことになります。
『UA値』『1次エネルギー消費量』
今後の新築工事で大変重要なキーワードになりますので、
新築をご検討される方は必ず覚えてください。
『UA値』は、
断熱性能を表す数値で、数字が小さいほど、断熱性能が良いことを意味します
『1次エネルギー消費量』により、
年間の概算の電気消費量も設計段階で把握する事ができるのです

皆様のご参加をお待ちしています!

星工務店では、他の工務店住宅量産メーカーに先駆けて、
『住宅の高断熱化』に特化した住まいづくりを実践しています。
今回の完成見学会は国内トップクラスの超高断熱ZEHですから、
皆様が驚かれることが多くあるとでしょう!
2030年に標準的な仕様になる
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)を10年以上も早く
ご覧いただけるわけです。
まず、断熱材の厚みと密度が肝心です。
星工務店では低性能なグラスウール断熱材は使用せずに、
国内トップクラスのネオマフォーム断熱材を標準採用しています
住宅で一番エネルギーを使うのが給湯と暖房ですので、
ハイブリッド給湯暖房システムを標準採用しランニングコストを
抑えています。
断熱性能が良いと床暖房だけでも快適に暮らせるのです
平成29年度も新築住宅のご予約を数件いただいております。
皆様のご希望に添えるようにしたいので、
新築をご検討の方は早めのご相談をお願い致します。
まずは、完成見学会
国内トップクラスの超高断熱ZEHの良さをご体感ください

来春までに新居をお考えの方へ

フラット35金利優遇Aプラン

星工務店では南会津町を中心に、断熱性能に優れ省エネルギー性能に
特化した性能の高い新築住宅を手掛けています。現在は、
南会津町で2現場、只見町で1現場を同時に施工しています。
さらに4月以降も新築のご予約を数件いただいている状況です。
本当に感謝です。


冬でも施工できる!

南会津町のような豪雪地でも冬期の施工は可能です。
星工務店も以前は、冬は関東地方などへの出稼ぎをしていました。
これは経営的にも、体力的にも、精神的にもいい事がなく、
弊社の腕利きの職人に失業をしてもらうのは心苦しい事です。そこで
新しい取り組みとして、平成21年から新在来パネル工法の採用を
試験的に行い平成22年から全ての新築住宅で標準採用しています。
この新在来パネル工法は、建て方をしながら、壁部分のパネルの
建て込みを行えるため、余程の悪天候で無い限り施工が可能になり
全体的な工期の短縮になります。建物の中に雪の吹き込みを防ぐ事が
できるため、冬でも施工が可能となり、年間を通して新築住宅の施工を
する事ができます。以前の出稼ぎや失業の心配もなく、
安定的な受注をする事にもつながります。
この一連の取り組みは、経営革新計画により、
福島県知事の承認もいただいています
冬でも施工品質を均一に確保できることも、
新在来パネル工法の大きなメリットです。


省エネルギー性能は低金利の指標

マイホームの新築には欠かすことができない住宅ローンですが、
各種金融機関によって、金利や保証料などは様々です。
これがお客様が住宅ローンで悩む要因なのですが、星工務店が
設計・施工する住宅のように省エネルギー性能、断熱性能が高ければ
住宅ローンで金利優遇の恩恵を受ける事ができるのです。第3者の
審査により断熱性能、省エネルギー性についての適合証明書が発行され
これを活用する事で、フラット35の金利優遇Aプランでは
当初10年間、通常の金利よりも、△0.3%金利が下がります
仮に3000万円の借入ですと、35年間の総返済額で約90万円の
差がありますので、お客様にとって非常にメリットがあるわけです


2020年基準 = 甘い基準

2020年以降、省エネルギー基準への適合が法律により義務化が
されることは、今までのブログでお伝えしている通りで、法律により
ある一定基準以下の性能では新築する事ができなくなることは
ご承知の事と思います。
しかしながら、
2020年の基準に適合しているかを確認するための計算である
【外皮計算】・【1次エネルギー消費量の算定】への対応が
遅れている工務店が、まだまだ多いのが現状で、
建築業界では2020年問題などといわれています。
2020年以降、古い考えや昔ながらの工法、断熱施工では
2020年の基準にすら対応する事もできなくなり
淘汰されていく事が考えられます。
UA値0.24 星工務店のZEHの標準仕様


2020年基準 マイナス10%

その2020年の基準に対して、1次エネルギー消費量換算で
マイナス10%という基準が【誘導基準】と言われています。
この誘導基準をクリアすることで、
建築物エネルギー消費性能向上計画認定
低炭素建築物新築等計画認定などの制度を活用でき、税制優遇や
容積率の特例、さらには補助金の申請においても活用することができ
フラット35の金利優遇Aプランも利用できるのです。
ですから、
住宅の高断熱化はお客様にとって絶対にメリットがあるのです。
星工務店が設計・施工する新築住宅の性能は、誘導基準を余裕で
クリアしていますので、各種申請をすることは可能です。


2020年基準 マイナス100%

2020年の基準に対して、1次エネルギー消費量換算で
マイナス100%の基準は、2030年基準とも言われ、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)【読み:ゼッチ】の定義です。
要は2020年の基準では、
100のエネルギー消費が許されているのですが、
2030年以降は、住宅の消費エネルギーと
住宅で創るエネルギー(創エネ)の差し引きで、
創エネが上回るようにしなさい!という事です。
ですから、2020年の基準は、守って当然のレベルです
星工務店のZEHビルダーマークです。


設計事務所の役割が重要!

2020年4月以降、
【外皮計算】・【1次エネルギー消費量の算定】ができなければ
工務店の屋号があっても、
「新築に携われない工務店」という悲しい現実が待っています。
1級建築士事務所studio_takaでは、全ての新築住宅で
構造計算をしています。そのうえで、省エネルギー性能の
高い住まいを設計していくことは、とても大切です。
【外皮計算】・【1次エネルギー消費量の算定】は全ての
新築住宅で計算していますので、各種認定制度を活用する事が
できるのです。自社の物件以外にも、他の建築会社の依頼で
【外皮計算】・【1次エネルギー消費量の算定】の計算
支援業務として行っています。
また、ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)【読み:ゼッチ】への
取り組みが同業他社よりも早く実績もあるため
各種セミナーでの講師をお引き受けしている状況で、
次回は平成29年4月中旬に郡山市でセミナーの講師をする予定です。
建築物省エネルギー性能表示制度

次回のブログでは、
マイホーム新築で必ず確認すべき3つの事について
詳しくお話ししたいと思います。

お問い合わせはこちらからお願いします

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします。

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117

ご契約 〜南会津町田島〜

ご契約

昨日、平成29年4月以降に着工予定のお客様と
新築工事のご契約を結ばせていただきました。
本当に嬉しく、ありがたく、身の引き締まる想いです。
今後とも末永いお付き合いをお願い致します。

妥協してはいけない断熱性能

株式会社星工務店では、【住宅の高断熱化】・
住宅の省エネ化】に特化したお住まいの設計・施工を
得意としています。まだ世の中は、安価で低性能な
グラスウール断熱材が多く使われていますが、星工務店では、
実際に住んでから苦情が出るような家の造りは絶対に
お勧めできませんし、設計をする者として妥協はできません。
ですから、低性能なグラスウール断熱材は使用いたしません。
マイホームは、車のように買い換え、建て替えはできない、
一生に一度の大きなお買い物です。
ですから、しっかりとした知識と経験で間違いのない
性能・機能を兼ね備えたお住まいをご提案しているのです。

きっかけは完成見学会

完成見学会での私との出会いが
マイホーム新築の第一歩と言っても過言ではありません。
星工務店では新築のご計画も無い方々にしつこい営業は
致しませんので安心してお越しください。
お客様との打ち合わせは、完成見学会、当日ではなく、ご連絡を
いただいたお客様と社長である私が直接お会いして行い、
ご要望をお聞きして設計(プランニング)に反映します。
完成見学会で【今から頼めばいつ住めますか?
などのご質問には、正直に受注の状況をご説明して、
平成〇〇年の〇月から着工できて、〇〇月には住めますよ!
などとお答えします。嘘を言っても仕方ないので、
ありのままのことをお知らせしています。
例えば5月以降は予定が詰まっていますので、
その前でしたらご希望に添えますよ!といった感じです。

完成見学会と構造見学会の違い

星工務店では定期的に各種見学会を開催しております
工事中に開催する【構造見学会】と、工事が完了し
お客様へのお引渡し前に開催する【完成見学会】です。
構造見学会では、
建物の性能を決める大事な要素である地震への備え、
住宅の省エネルギー性を左右する断熱性能などの大切な部分を
ご確認いただけます
南会津の豪雪にも耐えうる骨太な構造新在来パネル工法
実際に見れる貴重な機会です。
一方、完成見学会は実際にお客様に引き渡される状態で、
見学ができますので、自分イメージと照らし合わせて
確認ができるのです。
星工務店では
【ハイブリッド給湯暖房システム】標準仕様にしていますので、
床暖房の心地よさも体感する事ができるのです。
この床暖房は他の暖房よりも経済的で快適です。

完成見学会から契約、着工まで

各種見学会にご参加いただきますと、
実際の住まいのイメージが大きく膨らむことと思います。
土地、住宅ローンの問題や諸費用などわからないことばかりの
ことでしょう。これは恥ずかしいことではなく、
ある意味当たり前なのかもしれません。なぜならマイホームの
新築はそう何度も経験できることでは無いのですから。
多く寄せられるご質問が【住宅ローン】についてです。
実際にいくら借入できて、月々いくら返せるのか?
これを把握できると資金計画をしっかり組み立てられ、
返済の計画も立てやすくなります。
星工務店のホームページでも住宅ローンシュミレーター
準備していますのでよろしければご活用ください。
まずは資金計画が最重要です。この資金計画に基づいて、
間取りや土地を決定していけば、打ち合わせ開始から
最短で2ヶ月以内でのご契約というケースも多くございます。