『構造計算の次に必要なこと』

前回のブログでは、壁倍率とN値計算の関係とは?と題して、
【N値計算とは?】【中間検査の義務化!】
【柱の引き抜き力とは?】【N値計算と積算】
【計算していない建物=ブレーキのない車】について、
お話をさせていただきました。
少し難しかったかもしれませんが、まずは安全性が
重要ですので、細かくご説明をさせていただきました。
今回のブログでは、『構造計算の次に必要なこと』と題して
【省エネルギー性能の大切さ】について
お話しさせていただきます。

1、住宅の基本性能が大切
『省エネルギー』
というキーワードは、
最近よく耳にする言葉で、エアコンや照明器具(LED)などを
イメージされることと思います。エアコンや照明器具も
大切な要素ではあるのですが、
住まい全体の省エネルギーを考えるうえでは、
【建物の躯体性能】すなわち、【断熱性能】
非常に重要になってきます。
たとえ、性能の良いエアコンを設置しても、
建物の断熱性能が良くなければ、冷房や暖房の効きが悪く
無駄な冷暖房のエネルギーがかかってしまい、
家計にも影響し無駄なお金のかかる家になります。
では、どうすればいいのでしょうか?

次回のブログでは、省エネルギー住宅のポイントと題して、

⑴ 建設地によって、断熱性能の基準が変わる!
⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化
⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要
⑷ 1次エネルギー消費量の計算でランニングコストがわかる。
⑸ 電気使用量を抑えることが省エネにつながる。

について、ご説明をいたします。

お楽しみに‼︎