建築物省エネルギー性能表示制度

BELS 建築物省エネルギー性能表示制度

建築物省エネルギー性能表示制度

平成28年4月から『建築物省エネ法』に基づく、
省エネ性能の表示制度がスタートしました。
住宅版 BELS (ベルス)と言われています。

建築物省エネ法
(正式:建築物のエネルギー消費性能の向上に関する法律)では、
建築物の販売・賃貸を行う事業者は、その販売又は賃貸を行う
建築物について省エネ性能を表示するよう努めなければならない
と、決められています。
⭐️の数を見れば、その住宅の性能がわかるという制度です。
⭐️から⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️の5段階の評価で、⭐️の数が多いほど
省エネ性能が良いということになります。

2020年省エネ基準に適合していれば、⭐️⭐️とはなりますが、
高性能ではありません。
(恥ずかしくて⭐️⭐️では表示できません…)

今回、喜多方市塩川町で設計・施工させていただいたお住まいでは、
最高評価の⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️の評価をいただいています。
しかも、特記事項でゼロエネ相当の評価もいただいていますので、
ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス (ZEH)【読み:ゼッチ】
あることの証明にもなるわけです。

今後、新築をお考えの方には、住宅の性能を評価機関による判断で
証明できるこのような制度のご活用をお勧めいたします。

既に星工務店では、
ZEH補助金、地域型グリーン化事業補助金などの申請実績に加えて、
福島県内では初の認定でもある
建築物エネルギー消費性能向上計画認定】の実績もございます。
また、現在では南会津町田島に新築予定のお住まいについて、
低炭素建築物認定】の技術的審査を申請中です。

また、現在、南会津町山口地内で施工中の新築住宅では
フラット35Sの金利優遇Aプラン(当初10年-0.3%の優遇)の
活用のために審査機関の評価を受けています。
このフラット35Sの金利優遇Aプラン(当初10年-0.3%の優遇)は
仮に3,000万円の借入れの場合、
総返済額が約90万円ほど変わりますので、
この優遇金利は施主様にとってメリットがあります。

省エネ性能の高い住まいの新築を得意としている弊社にとって
このような制度は活用すべきと考えています。
これらの申請には、間取りに加えて、サッシの性能、
各種設備機器を確定した上での作成となります。
また、建築確認申請よりも時間が必要になりますので、
時間的なゆとりも必要になります。

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。