無知は犯罪

img_rule01

今日も早起きで図面を作成中です。
我が社では樹脂サッシを標準仕様にしています。
(YKKAP APW330)
もちろん、トリプルへの変更も考えています。
ごく稀に、出窓を希望される方がおられます。
もちろんご要望なので、お応えしたいのですが、
既製品の出窓は、断熱性も気密性も劣ります。
しかもAPW330には出窓の設定がありません。
よって出窓の場合は、以前の規格である、
アルミ樹脂複合サッシ(エピソード)しかありません。
樹脂サッシを標準化しても、出窓が1ヶ所あることで、
家全体の気密性も下がってしまうのです。
もちろん、出窓は断熱性にも劣るので、
局所的に結露が発生する恐れがあります。
毎年、サッシもどんどん進化しています。
いずれは樹脂サッシのトリプルガラスが標準化です。
2020年には断熱性能の義務化。
2030年には、ゼロエネ住宅の義務化。
(国土交通省のロードマップより)
厳しい基準になり快適な住宅が標準化されていきます。

あるアンケートでは、2020年の断熱性能の義務化を
知らない工務店、大工は約40%もいます。
悲しい現実です。
知らないでは済まされません。プロなのですから!
このような方々は、
今現在はどのような設計・施工なのか、非常に不安です。
建築に携わるプロならば知っていて当たり前です。

工務店という商号で仕事をするのであれば、その工務店に、
建築士・施工管理技士が在籍していないというのは
いかがなものかと思います。
特に新築工事をされるのであれば尚更です。

我が社は、
1級建築士・・・1名
1級建築施工管理技士・・・2名
2級建築士・・・5名
2級建築施工管理技士・・・7名
在籍しています。

設計事務所登録も、1級建築士事務所 studio_taka で
福島県知事の許可を取得しています。

来週は、只見町で建て方です。
また現場に活気が溢れます。
あの活気のある現場はやっぱりいいですね!