耐力壁の種類と特性について

【耐力壁とは?】

耐力壁とは、地震や台風などの水平力および建物の自重、
家具や人の重量、屋根にかかる積雪重量などによる
鉛直力に抵抗する壁です。
耐力壁を構成する材は、柱・横架材の他に
「筋かい」「構造用合板」「石膏ボード」などがあり、
耐力の強さ(壁倍率)が異なります。
続きを読む 耐力壁の種類と特性について

平成30年7月から中間検査が義務化!

平成30年1月以来のブログ更新です。
Instagram、Facebookなどでの発信ばかりでしたが
本日よりブログの更新を再開します。
皆様の有益になる情報提供に努めます。

【中間検査が義務化されます】

平成30年7月からは一般の戸建て住宅についても、
中間検査の受験義務が発生します。現状では、建築確認を申請する際に、
建築士の設計による戸建て住宅の場合、【4号特例制度】により、
壁量計算(全体の壁量)、4分割法(耐力壁のバランス)、
N値計算書(柱の引抜きへの検討)などの構造図面は添付が不要です。
あくまでも添付が不要なだけで、
計算をしなくてもいい訳ではありませんでしたが、
一部の建築士においては、これらの計算を行っていないのではないか?
という案件も、無きにしも非ずといった具合だったのではないかと
推測してしまいます。 続きを読む 平成30年7月から中間検査が義務化!