【省エネルギー性能の大切さ】その3

前回のブログでは、
新築住宅の省エネルギーを考える上で必要なポイントは、
以下のとおり、5つほどあることをお伝えしました。

⑴ 建設地によって、断熱性能の基準が変わる!
⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化
⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要
⑷ 1次エネルギー消費量の計算でランニングコストがわかる。
⑸ 電気使用量を抑えることが省エネにつながる。

前回に引き続き、
株式会社星工務店が特に得意としている断熱性能や
省エネルギー住宅についての大切なお話になります。

今回のブログでは、
⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要!について、
お話ししたいと思います。

⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要

どこの住宅会社さんでも、
『夏涼しく 冬は暖かいですよ!』
『断熱材がたっぷり入っています』
『高性能な断熱材を使っています』などと
言葉巧みにセールスをします。
言葉に惑わされてはいけません。
『その根拠を確かめる!』という事が重要です
『UA値はどのくらいですか?』と、聞けば良いのです。
UA値0.4以下が快適に暮らすための絶対の条件です!

その根拠となるのが、住宅の断熱性能の指標である【UA値】です。
【UA値】の数値が小さいほど断熱性能が良い事を意味します
いつも同じ仕様で設計していれば、ある程度の数値はわかりますが
詳細については【外皮計算】をしなければ【UA値】が求められません。
星工務店で設計・施工する一般的なお住まいは、UA値=0.35±0.02以下
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の場合はUA値=0.25以下
標準仕様で、国内でもトップクラスの断熱性能です

仮に、UA値0.5とUA値0.25を比べると

暖めた室内からの熱の逃げ方に、2倍の差があることになります。
だから、冷暖房の効率に大きく差が出てしまうため、
『ランニングコストの差』
すなわち、電気代やガス料金の大きな差につながるのです

次回の、ブログでは、
⑷ 1次エネルギー消費量の計算でランニングコストがわかる。
について、お話をさせていただきます。

【省エネルギー性能の大切さ】その2

前回のブログでは、
新築住宅の省エネルギーを考える上で必要なポイントは
以下のとおり、5つほどあることをお伝えしました。

⑴ 建設地によって、断熱性能の基準が変わる!
⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化
⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要
⑷ 1次エネルギー消費量の計算でランニングコストがわかる
⑸ 電気使用量を抑えることが省エネにつながる

株式会社星工務店が特に得意としている省エネルギー住宅
についての大切なお話になります。

今回のブログでは、
⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化!について
お話ししたいと思います。

⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化

2020年4月以降は、全ての新築住宅を対象に
省エネルギー基準への適合が義務化され、
一定基準以下の低性能な住まいは
法律により新築する事ができなくなります。
この基準には、
断熱性能(UA値)1次エネルギー消費量の基準があり、
住宅1棟ごとに計算をしなければ求める事ができません。
ただ単に『断熱された省エネ住宅』と言っても
比較検討が難しかった為、断熱性能をはっきりと表す
UA値”でわかりやすく表示されます。
その数値の計算式などは難しく複雑ですが、
国が地域ごとに定めるUA値は、
南会津地域では、UA値=0.56以下です。
このUA値基準は、最低の守るべき基準なのですが
建築業界全体が未だに省エネ性への取組みが遅れており
2020年問題などと言われています。

星工務店では、他の建築会社に先駆けて
省エネルギー性能に特化した
住まいの設計・施工を手掛けています。
標準的な仕様で、
UA値=0.35±0.02以下の断熱性能をお約束いたします。

【省エネルギー性能の大切さ】No.1

前回のブログでは、
新築住宅の省エネルギーを考える上で必要なポイントは
以下のとおり、5つほどあることをお伝えしました。

⑴ 建設地によって、断熱性能の基準が変わる!
⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化
⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要
⑷ 1次エネルギー消費量でランニングコストがわかる
⑸ 電気使用量を抑えることが省エネにつながる

株式会社星工務店が特に得意としている
省エネルギー住宅についての大切なお話になります。
わかりやすく、お話ししたいと思います。 続きを読む 【省エネルギー性能の大切さ】No.1

『構造計算の次に必要なこと』

前回のブログでは、壁倍率とN値計算の関係とは?と題して、
【N値計算とは?】【中間検査の義務化!】
【柱の引き抜き力とは?】【N値計算と積算】
【計算していない建物=ブレーキのない車】について、
お話をさせていただきました。
少し難しかったかもしれませんが、まずは安全性が
重要ですので、細かくご説明をさせていただきました。
今回のブログでは、『構造計算の次に必要なこと』と題して
【省エネルギー性能の大切さ】について
お話しさせていただきます。

1、住宅の基本性能が大切
『省エネルギー』
というキーワードは、
最近よく耳にする言葉で、エアコンや照明器具(LED)などを
イメージされることと思います。エアコンや照明器具も
大切な要素ではあるのですが、
住まい全体の省エネルギーを考えるうえでは、
【建物の躯体性能】すなわち、【断熱性能】
非常に重要になってきます。
たとえ、性能の良いエアコンを設置しても、
建物の断熱性能が良くなければ、冷房や暖房の効きが悪く
無駄な冷暖房のエネルギーがかかってしまい、
家計にも影響し無駄なお金のかかる家になります。
では、どうすればいいのでしょうか?

次回のブログでは、省エネルギー住宅のポイントと題して、

⑴ 建設地によって、断熱性能の基準が変わる!
⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化
⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要
⑷ 1次エネルギー消費量の計算でランニングコストがわかる。
⑸ 電気使用量を抑えることが省エネにつながる。

について、ご説明をいたします。

お楽しみに‼︎