平成30年7月から中間検査が義務化!

平成30年1月以来のブログ更新です。
Instagram、Facebookなどでの発信ばかりでしたが
本日よりブログの更新を再開します。
皆様の有益になる情報提供に努めます。

【中間検査が義務化されます】

平成30年7月からは一般の戸建て住宅についても、
中間検査の受験義務が発生します。現状では、建築確認を申請する際に、
建築士の設計による戸建て住宅の場合、【4号特例制度】により、
壁量計算(全体の壁量)、4分割法(耐力壁のバランス)、
N値計算書(柱の引抜きへの検討)などの構造図面は添付が不要です。
あくまでも添付が不要なだけで、
計算をしなくてもいい訳ではありませんでしたが、
一部の建築士においては、これらの計算を行っていないのではないか?
という案件も、無きにしも非ずといった具合だったのではないかと
推測してしまいます。 続きを読む 平成30年7月から中間検査が義務化!

完成見学会開催のご案内です

新年、あけましておめでとうございます。
昨年は多くの皆様にお世話になり、大変有意義な年となりました。
本年も、各種見学会を開催し、お客様にとって有益な情報を
ご案内してまいります。
さて星工務店では、只見町小林地内におきまして、
ダブル断熱工法による省エネ住宅の完成見学会を
平成29年1月19,20日の2日間、施主様のご厚意により
開催する運びとなりました。
新年を迎え、平成30年度に新築をご検討されている方々には
是非とも、ご参加いただきたい完成見学会です。

続きを読む 完成見学会開催のご案内です

南会津町田島 新築住宅

tatekata001

あらためまして、
新年あけましておめでとうございます。
本年も株式会社 星工務店をよろしくお願い致します。

本日、1月15日から南会津町の中心部である、
田島字行司地内で新築工事の建て方に着手しました。
南会津町の中心部で立地条件も最高です。

17日の上棟を予定しておりまして、
その後、構造見学会の開催も計画中です。
我が社では、6年ほど前から、筋違いに変わる新しい
構造形式に着目し、パネルメーカーと共に開発した、
自社オリジナルの新在来パネル工法を全ての住宅で
標準仕様としています。
従来の筋違い工法では気密性の確保や耐震性の向上に、
限界がありますが、この新在来パネル工法ですと、
耐震性能は1.5倍以上確保できますし、気密性は格段に
向上します。
また、断熱材の施工は欠損なく充填できるため、
自社でお勧めしているハイブリッド給湯・暖房システムとの
組合せにより結露の心配もありません。

構造見学会よりも完成見学会の方が興味のある方も
多いとは思いますが、完成してしまうと隠れる部分が
住宅の性能を考える上ではとても大切です。
構造見学会には完成見学会ほどの華やかさはありませんが
住宅の大切な部分をご覧いただける貴重な機会です。

近日中の新聞折り込み広告をご覧ください!