完成見学会へのご参加ありがとうございます

星工務店では、平成30929,30日の2日間
ダブル断熱工法による省エネ住宅の完成見学会
南会津郡只見町大字福井地内で
施主様のご厚意により開催させていただきました。

2日間で、30組以上のご参加があり
お客様のご関心は
『省エネ』『ランニングコスト』だったように思います。

そして、実際に住んでいる
家やアパートの悩みは『寒さ』に関することでした。
無断熱のような家が国内にはたくさんあるのが現状です。
少しでも早くこの状況が改善できればと思っていますし、
お役にたてれば幸いです。

さて、次回の完成見学会は、
10月下旬に南会津町山口字板橋で開催予定です。
ナイター見学会を予定しています。
もちろん、ダブル断熱工法や新在来パネル工法などの
最新の工法や省エネ設備、水まわりの住宅設備機器も
ご覧いただけます。
詳しくは、ブログでご案内いたしますので、お楽しみに!

【省エネルギー性能の大切さ】No.1

前回のブログでは、
新築住宅の省エネルギーを考える上で必要なポイントは
以下のとおり、5つほどあることをお伝えしました。

⑴ 建設地によって、断熱性能の基準が変わる!
⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化
⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要
⑷ 1次エネルギー消費量でランニングコストがわかる
⑸ 電気使用量を抑えることが省エネにつながる

株式会社星工務店が特に得意としている
省エネルギー住宅についての大切なお話になります。
わかりやすく、お話ししたいと思います。 続きを読む 【省エネルギー性能の大切さ】No.1

『構造計算の次に必要なこと』

前回のブログでは、壁倍率とN値計算の関係とは?と題して、
【N値計算とは?】【中間検査の義務化!】
【柱の引き抜き力とは?】【N値計算と積算】
【計算していない建物=ブレーキのない車】について、
お話をさせていただきました。
少し難しかったかもしれませんが、まずは安全性が
重要ですので、細かくご説明をさせていただきました。
今回のブログでは、『構造計算の次に必要なこと』と題して
【省エネルギー性能の大切さ】について
お話しさせていただきます。

1、住宅の基本性能が大切
『省エネルギー』
というキーワードは、
最近よく耳にする言葉で、エアコンや照明器具(LED)などを
イメージされることと思います。エアコンや照明器具も
大切な要素ではあるのですが、
住まい全体の省エネルギーを考えるうえでは、
【建物の躯体性能】すなわち、【断熱性能】
非常に重要になってきます。
たとえ、性能の良いエアコンを設置しても、
建物の断熱性能が良くなければ、冷房や暖房の効きが悪く
無駄な冷暖房のエネルギーがかかってしまい、
家計にも影響し無駄なお金のかかる家になります。
では、どうすればいいのでしょうか?

次回のブログでは、省エネルギー住宅のポイントと題して、

⑴ 建設地によって、断熱性能の基準が変わる!
⑵ 2020年省エネルギー基準の適合が義務化
⑶ 断熱性能は住宅1棟ごとの計算が必要
⑷ 1次エネルギー消費量の計算でランニングコストがわかる。
⑸ 電気使用量を抑えることが省エネにつながる。

について、ご説明をいたします。

お楽しみに‼︎

改正省エネ法が施行されました

gaihi
本日から新年度となりました。
本年も㈱星工務店をよろしくお願い致します。
今日から改正省エネ法が全面施行になります。
今までの仕様規定は住宅エコポイントの申請以外では
使えなくなります。
全ての住宅で外皮性能の計算をすることが求められます。
どういう事かと言うと、
1、省エネ基準に満たない家は作ってはいけません。
2、外被性能の計算が出来ない工務店は家を建てれません。
3、一定の基準を満たす為に、ローコスト住宅はなくなります。
4、樹脂サッシ+LOW-Eガラスが標準化される。
5、2030年のゼロエネ住宅の標準化に向けての取り組みが必須。

我が社では、今年着工予定の新築住宅において、
南会津郡西部地区では未だ前例のないゼロエネルギー住宅の
建設を予定しています。
新しい取組みをしていかないと、時代に取り残されてしまうので
先導的な取組みをして、快適な住まいを提供したいと思います。

早速、打合せに行ってまいります。