基礎工事も順調に

基礎工事 鉄筋組立
只見町大字小川字荒井原地内で施行中の
新築の現場では、基礎配筋も完了し
耐圧盤コンクリートの打設も完了しました。
耐圧盤コンクリートとは、

続きを読む 基礎工事も順調に

べた基礎と布基礎 コンクリートの打設

べた基礎、耐圧盤コンクリートの打設

星工務店では現在、南会津町田島の人気地区である
行司地内で新築工事に着手しています

7月26日に第3者による配筋検査を受け、問題もなく
7月27日に耐圧盤コンクリートの打設を行いました。

基礎の形式も少し前とは工法が変わってきています。
昭和から平成の初期にかけては【布基礎】と言われる工法が
一般的でしたが、約10年ほど前から不同沈下に強いと言われる
【べた基礎】が主流になってきています。

【布基礎】は、壁(土台)の部分だけ基礎を配置する形式で
問題としては、
1、集中的な力が部分的に発生し不同沈下の原因になりやすい。
2、建物の下から建物内に湿気が入りやすく腐朽の要因になる。
3、作業工程が多く工事に時間がかかる。
などがあげられます。

一方、【べた基礎】は、
1、基礎全体で建物の荷重を支えるため不同沈下が発生しにくい
2、基礎全面に防湿シートで防湿処理を行うため、湿気が入りにくい。
3、捨コン→耐圧盤→立上り と作業工程が容易になる。
4、鉄筋量が大幅に増えるためコストは増加する。
5、地盤調査を行えばほとんどが【べた基礎】の選択になる

ここ10年ほどで、【べた基礎】が主流になってきています。
近くの建築現場で、【布基礎】を見たら要注意です。

【布基礎】と【べた基礎】を見分ける方法は、
基礎の内部に升目状に鉄筋が組まれているかどうかです。
このブログに掲載した写真のように鉄筋が組まれていれば
【べた基礎】なのです。

地盤調査の結果により、地耐力(地盤の強さの度合い)を見て
【布基礎】と【べた基礎】のどちらの工法を採用するか?
と言う方法もあるのですが、構造的な強さを考えれば
絶対に【べた基礎】をお勧めします。

nunokisoimagesukasiiribetakiso_image

ZEHに関するお問い合わせはこちらからお願いします

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします。

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117

南会津町田島字行司地内で新築工事中です

第3者による配筋検査を受け、無事に合格です。

星工務店では現在、南会津町田島の人気地区である
行司地内で新築工事に着手しています。

7月20日に地鎮祭を執り行いまして、
21日から床掘りを開始し、
25日から基礎の鉄筋組立の作業を行っています。

今日は第3者による配筋検査を受けました。
もちろん合格です。
これで、明日は耐圧盤コンクリートの打設が可能です。

住宅瑕疵担保履行法により、住宅を引き渡しする際に
供託金を預けるか、瑕疵担保責任保険に加入するかの
どちらかを選択しなければいけません。
この第3者による検査は、保険加入のために
欠かせない検査なのです。

この瑕疵担保履行法は悪質な住宅会社の排除と
安心して住宅を建てるために国が
中心になり約6年前から始まった制度で毎年2回の
報告義務もあるのです。

全ての住宅会社がやらなければいけないことです。
法律ですので守って当然のことです。

8/8頃から建て方を開始する予定です。

第3者機関の検査

hirano

南会津町田島地内で新築中のH様邸で、住宅引き渡しには
必要不可欠な瑕疵保険の加入の為の、
第3者による軸組検査を受けてきました。
もちろん問題なく合格です。
住宅を引き渡す際には、供託金を納めるか、瑕疵保険に
加入することが法律で義務化されています。
全ての建築業者について義務化されていますので、
個人であろうと法人であろうと関係なく義務化です。

またこの引き渡しに係わる報告を6ヶ月に1度しなければなりません。
保険に入っているか?供託金を納めているか?
このどちらかを明記し報告します。
明日は、舘岩の現場で基礎配筋の検査です。
どこの現場でも、原則的には、基礎配筋と軸組の検査を
受ける必要があります。
基本的に指摘を受けるような事は今までありませんが、
図面と現場の整合性が取られているかを確認します。
もちろん瑕疵保険に係わる雨水の侵入を防止する部分や
構造耐力上主要な部分についてはしっかりと確認をされます。

以前、検査する側の業務をさせていただいた事がありますが、
検査の時に、設計者や現場監督など理解されている方が
立ち会っていただける現場ほど、問題ありませんね。
今は検査を受ける立場がほとんどですが、しっかりとした
体制で検査は受けたいと思います。

それにしても現場の進捗が早いです。
次の建て方、リフォーム工事の段取りを進めないと
大工さんの手があいてしまいます。
次は窓の断熱リフォームですね。
そして、某事務所のリフォーム工事です。
3月から、物置、住宅新築の刻みですね。
早めに材料の手配もしましょう!