壁倍率とN値計算の関係とは?

前回のブログでは、耐力壁の種類と特性について
1、耐力壁とは?
2、耐力壁の種類
3、壁の強さ=壁倍率
の3つに分けて、お話をさせていただきました。
今回のブログでは、前回の続編として
壁倍率とN値計算の関係について、
お話をさせていただきます。

【N値計算とは?】

N値計算という言葉は少し聞き慣れない言葉ですね。
平成12年の告示により、全ての木造建築物についての簡易的な
構造計算の方法について規定されたもので、告示改正後、
20年近くになりますが理解していない方も少なくありません。
この【N値計算】では、
地震時に柱の上下に加わる引き抜き力の大きさを求め、
適切な構造金物を選定する事を目的としており、
建物の倒壊や損傷を防ぐことにもつながります。
続きを読む 壁倍率とN値計算の関係とは?

ZEHビルダーマーク

本日、SII(環境共創イニシアチブの略以下、SIIで表記)の
ホームページでZEHビルダーマークの使用申し込みがスタートしました。

未来の子どもたちのために『ゼロエネルギーで暮らそう』
の考え方が広く普及するといいですね。

もちろんですが、ZEHビルダーに登録していないと、
このマークを使う事はできませんし、ZEH住宅の補助金申請もできません。

今後、新築をご検討される施主様には、
工務店がZEHビルダーに登録しているかの確認と
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の設計、施工の実績の確認を
必ずしてください。

ZEHビルダーに登録していても実績がない工務店も多くあります。

星工務店では、
1、ZEHビルダーに登録しています。
2、ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス) の実績
完成2件、工事中1件

下の写真が、株式会社星工務店のZEHビルダーマークです。

今後、パンフレッットや折り込み広告、名刺などで使用する予定です。

星工務店のZEHビルダーマークです。

1級建築士 定期講習

1kyuu
昨日は、郡山市の日建学院郡山校で
1級建築士定期講習を受講してきました。
この定期講習は3年に1回の受講義務化について
建築士法で決められています。
また建築士事務所については管理建築士と開設者についても
講習の義務化が決められています。
9:00から17:20までの講習は長いですね。
もう少し簡略化できないものかとも思いますが、
建築士法では建築士の資質についても記載があります。

建築士法第2条の2【職責】
建築士は常に品位を保持し、業務に関する法令及び実務に精通して、
建築物の質の向上に寄与するように、公正かつ誠実に
その業務を行わなければならない。

平成17年に発覚した構造計算書偽装問題により、
構造1級建築建築士・設備1級建築士の資格もでき、
より専門的な知識が求められる大規模建築物は、
構造1級建築建築士・設備1級建築士の関与が必要になりました。

設計事務所に備え置く書類についても規定があります。
今日は早速、帳簿関係の備え置きについて確認しています。