星工務店はZEHビルダーとして登録されました

ZEHビルダー登録のお知らせ

星工務店はZEHビルダーとして登録されました

昨日(4/22)に、SII(環境共創イニシアチブ)のホームページで、
ZEHビルダー公募(第1回分)が発表されました。
星工務店は【ZEHビルダー】として、登録されましたことを
ご報告いたします。

星工務店のZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)
『読み:ゼッチ』への取組みが、評価されたことを
嬉しく思っています。

福島県内では、弊社の他に、
白河市の会社(1社)・・・既築改修
会津若松市の会社(1社)・・・新築注文住宅
の2社が登録されました。

現在でZEH新築の補助金を受け取ることができるのは、
星工務店と会津若松市の会社(1社)だけで、
福島県内では2社だけです。

今後、このZEHビルダーの登録なしでは、
ZEH住宅の補助金を受け取ることができません
施主様が損をしてしまうことにもなりかねません

いや、我が家はZEHにしないからいいよ!
って言われる方もいらっしゃることと思います。
しかしながら、今後は国の方針により
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)が義務化になります。
そんな時代がすぐそこまで来ています

要は、ZEHの新築ができない工務店は新築してはダメですよ!
っていう、とても厳しい制限が設けられるわけです。
全国どこでも、業者を問わず、ZEHが義務化になるのです。

現在は、ZEHが義務化ではありません。
しかし、あと4年後の2020年には新築住宅の50%以上
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)になります。
同じく2020年には、新築住宅の省エネ化に向けて、
法律により省エネ基準への適合義務化が義務化されます。
これはZEHに比べて全然甘い基準で、
満たすべき当たり前のレベルです。

ですから、今後は新築=ZEHの時代なのです。
2020年の省エネ基準適合義務化への対応に
苦労するようでは、全然、勝負にもお話にもならない訳です。

全国展開している住宅量産メーカーもZEHへの対応が
分かれています。
工務店も同じことが言えます。
ZEHや省エネ基準を知らない人もまだまだいるのが現状です

田舎の工務店でも、住宅量産メーカーでも一律に
ZEHの普及・促進に取り組むべき時代が来ているのです

星工務店は【ZEHビルダー】として、高い目標を持って、
ZEH(ネット・ゼロ・エネルギーハウス)の普及・周知に
取り組んでまいります。

ZEHに関するお問い合わせはこちらからお願いします

1級建築士の星隆行が直接お答えいたします

電話の場合はこちら>>> 0241-73-2117

投稿者:

星 隆行

株式会社星工務店代表取締役。1級建築士事務所studio_taka代表。1級建築士。高耐震、高断熱に特化した住まいの設計・施工を手がけています。このブログでは、建築に詳しくない方にもわかりやすく解説、ご説明しております。ご意見、ご質問等がございましたらコメント欄からお気軽にお尋ねください。